Expedition: マイグレーション およびベスト プラクティス 導入ツール

Palo Alto Networks® Security Operating Platform は、分析を利用して定型作業を自動化することで、サイバー攻撃を防御します。このプラットフォームを利用すると、クラウド、ネットワーク、エンドポイントを通じ、データドリブンのアプローチと正確な分析によって、脅威の特定と保護の適用を確実に自動化できるようになります。 さらに、このプラットフォームにより、ベスト プラクティスの採用と、攻撃の機会を縮小させるゼロ トラスト アプローチの利用が容易になり、セキュリティを防御ベースのアーキテクチャに変換できます。

概要

アプリケーションの使い方やユーザーの行動、そしてネットワーク インフラの根本的な変化に起因した新たな脅威として、従来のポートベースのファイアウォール保護における脆弱性が顕在化しています。パロアルトネットワークスは、ネットワークを保護するための革新的なアプローチを開発しました。このアプローチでは、ポートベースでトラフィックを制御する従来のアプローチに代わり、App-ID™と呼ばれるアプリケーショントラフィック シグネチャ技術を利用して、すべてのトラフィックをアプリケーションに基づいて識別します。

優れた保護を実現するには、お客様はサードパーティ ファイアウォールのレイヤー3/4 セキュリティ ポリシーから、パロアルトネットワークスによるレイヤー7 ポリシーに変換する必要があります。移行および導入ツールは、App-ID、User-ID™ およびContent-ID™ の各テクノロジの力を利用して、これらのポリシーの実装を支援します。