asset thumbnail
データシート

Prisma SaaS: 概要

SaaSセキュリティの課題一般に、データが単一の一元管理された場所にのみ存在するという概念は、現代の企業には当てはまりません。データは今や複数の場所に分散しており、一企業では制御しきれないような、さまざまなところに存在しています。データがどこにあっても、IT 企業はデータが移動するときにそのデータを保護する責任があります。この問題は、Software as a Service(Software as a Service - SaaS)アプリケーションの場合に最も顕著です。従来のセキュリティでは、SaaS アプリケーションの使用を制御することは難しく、その可視化を維持するのも困難です。SaaSアプリケーションはエンド ユーザーが直接設定して使用するため、ユー ザーがアプリケーションにアクセスしたり、機密性の高い企業データを アプリケーションに移動したりするための権限は不要です。このことは大きな課題となっています。エンド ユーザーは自分が属するIT 部門の一員として行動し、データまたは脅威リスクの評価や防御に関する専門知識がなくても、これらのアプリケーションの使用を制御することができるためです。