SD-WANテクノロジで考えるべきこと

進化し続けるビジネスに対応できない従来のWANモデル

複数のクラウドを横断するアプリケーションが増加し、HD動画およびストリーミング メディアに直接のインターネット アクセスが必要になるにつれて、複数の支社を持つ組織はトラフィックと複雑さの増加に直面しつつあります。従来の接続はプロビジョニングに時間がかかり、帯域幅のオプションが特定の場所に限定されるため、ユーザー エクスペリエンスが低下し、脅威のリスクが増大します。

適切なSD-WAN製品を選ぶ方法

高速で信頼性の高い接続テクノロジを求めるITエグゼクティブは、ソフトウェア定義型の広域エリア ネットワーク(SD-WAN)に移行しつつあります。ガートナー社の予測では、「2020年までに、SD-WANテクノロジは最大75%のインフラストラクチャのリフレッシュに含まれる」1とのことです。

SD-WANテクノロジへの移行時、セキュリティ、パフォーマンス、シンプルさを犠牲にしないでください。SD-WAN製品を選ぶときは、必須機能と利点が多いものを探すことが重要です。たとえば、次のようなものがあります。

  • あらゆるアプリケーション タイプにアクセスするための
    最適なユーザー エクスペリエンス
  • 導入と管理の単純化に対応する強化された接続性とセキュリティ
  • アプリのパフォーマンスの高速化を実現するグローバル バックボーン
  • 支社、モバイル ユーザー、データセンターを防御する一貫したセキュリティ

詳細はeブックをご覧ください。


1.「6 Critical Questions to Ask on SD-WAN」、2018年6月6日、ガートナー社