明日のクラウド セキュリティ課題を解決

現代の企業は、ワークロードとアプリケーションを強化し、コストを削減し、リリース速度、俊敏性、およびユーザー満足度を向上させるために、クラウドを活用しています。DevOpsのプロやインフラストラクチャ リーダーは、コンピューティング オプションの多様なポートフォリオを活用し、CI/CDワークフロー全体で新しいツールを採用しています。

クラウドはエキサイティングな時代を迎えていますが、これらの新しいツール、ワークフロー、およびコンピューティング パラダイムは、企業の安全性とセキュリティに影響を及ぼします。弊社の新しいeブック「クラウドにおけるセキュリティ課題」では、各種のクラウドネイティブなアーキテクチャとCI/CDワークフローを詳しく解説しつつ、これらが企業のセキュリティ体制にどのような影響を与えるかを見ていきます。

お読みいただければ、以下の項目について理解を深めることができます。

  • ホスト、コンテナ、CaaS、およびサーバーレスを含む一連のクラウドネイティブ要素
  • これらのクラウドネイティブ技術に関するセキュリティの検討事項
  • 動的なマイクロサービスベースのインフラストラクチャとコンテナの保護

ぜひ資料をご覧になってください。