施行を間近に控えるEU一般データ保護規則(以下「GDPR」)は、 EU住民の個人データ保護を趣旨とした法です。 2018年5月、 GDPRは前身となる1995年制定のEUデータ保護指令に代わり施行 予定で、その内容はEU住民の個人データ保護に関する規制を大 幅に改変したものとなっています。 GDPRは、EU圏外の事業体 を含むより広い範囲をその適用対象としており、また新たに データ侵害通知義務を規定し、データ保護規制を課しているこ とでEUデータ保護指令よりはるかに厳格な規定となっています。 GDPRはデータマネジメントを中心に構成されている一方で、 データセキュリティもGDPRの柱となっており、最先端技術を考 慮したデータ処理のセキュリティを要求しています。パロアル トネットワークスの次世代セキュリティプラッフォームは、ア プリケーション、ネットワーク、エンドポイント、クラウドで の個人データの保護を支援することにより、GDPR遵守に関連す るセキュリティとデータ保護の取組みを支援します。また、 データ侵害が発生したとき、どのデータが侵害されたかを把握 する手助けとなります、しかし、それ以前に、組織における データ侵害発生そのものを防御するのに役立ちます。


EU一般データ保護規則の概要

  • どのような法ですか?
  • 誰に適用されますか?
  • EUにおける個人データ保護のための抜本的改変:新たに規定されたデータ侵害通知義務義務と過料
  • CISOやセキュリティチームを含む組織に大きな影響
     

パロアルトネットワークスのプラットフォームがGDPRコンプライアンスに貢献する方法

  • 個人データの保護
  • データ侵害の防止
  • データ侵害通知