新たなIoT 収益を捉え、ネットワークのセキュリティを確保する

2023年までに年間30%の成長が見込まれるIoT コネクテッド デバイスは、サービス プロバイダにとってネットワーク セキュリティ要件に大きな変化が起きたことを意味します。デバイス、機能、およびビジネス価値の多様化が進む中、サービス プロバイダは必要とされる幅広いセキュリティ機能を提供し、IoT 関連のボットネット攻撃から自社のネットワークを保護しなければなりません。その上、グローバル市場におけるバリュー チェーン全体で数兆ドル規模に達するとも推定される価値の大部分を獲得する必要があるのです。