SCADAとICSに対するサイバー脅威にまつわる俗説について

SCADAおよび産業用制御システム(ICS)においてサイバーセキュリティの向上が必要であるという認識が近年高まっている一方で、ICSのサイバーセキュリティのベスト プラクティスおよびサイバー脅威の本質に関するいくつかの不正確で危険な想定が依然として残っています。組織によって事実であるとみなされると、こうした俗説によって、サイバー防御方法が不適切になったり、広範な攻撃にさらされることになったり、または単純で偶発的なサイバー事故でさえ、可用性と安全性を処理する際に同様に問題となる結果を引き起こします。

このウェビナーでは、ICSのサイバーセキュリティの専門家であるJoe WeissとDel Rodillasが討論を行います。

  • ICSに対するサイバー脅威にまつわる俗説の一部と、俗説が真実として受け止められたときに重大なセキュリティ ギャップになりうる理由
  • こうしたギャップが悪意のある向きに悪用されたときの結果を示す実例を選択
  • ICSのサイバー脅威の更新された正確なビューと、資産所有者がより強固なICSのセキュリティ体制を構築するための効果的なテクノロジ