Webinar

Cafeシリーズ: クラウドセキュリティの論点整理

クラウドの利用は一般化しており、弊社の調査ではそうした企業はワークロードの46%をクラウドで実行していてさらに今後24ヶ月でその比率は64%に到達すると予想しています。


一方、クラウドと一口に言ってもパブリッククラウドやSaaSといったような形態、また利用する技術としてVMやコンテナなどもあり多種多様です。また技術だけでなくコンプライアンスなどにも考慮する必要があるため、クラウドにおいて包括的なセキュリティを保持することが課題となってきています。


本セッションでは企業が直面しているクラウドセキュリティの論点を整理し、それぞれのリスクとその対策について解説します。