侵⼊後の攻撃に対応する挙動分析クラウドアプリケーション「Magnifier」について

攻撃者は機密データの詐取や改ざん、破壊を⾏うために、組織内のネットワークに紛れ込み、活動します。⾼度な攻撃は侵⼊後に巧妙に隠れることで、検出されることなく何カ⽉も活動を継続することもあります。これまで、侵⼊後の攻撃を検出するには、専⾨家による知⾒や、脅威監視システムからの膨⼤なアラートを精査するための煩雑な作業が必要で、迅速な対応は困難でした。今回発表したMagnifier は、次世代ファイアウォールの豊富で詳細なログを機械学習により解析することで、標的型攻撃や悪意のある内部犯⾏などのエンドポイントに侵⼊した攻撃の検出と調査のための情報収集の⾃動化を実現します。検出後には次世代ファイアウォールが脅威の進⾏を阻⽌し、ビジネスに⼤きな影響を与える前に攻撃を防ぎます。本ウェビナーでは、Application Framework より提供される最新のクラウドアプリケーション Magnifier について、製品の概要と特徴について説明致します。