ウェビナー

企業のDXが引き起こす新しいネットワークモデルへの移行に私たちはどう備えるべきか?

~複雑化するネットワークにおける安心安全の確保~

DX時代に突入したITインフラにはどのようなアーキテクチャが必要でしょうか?

変化する企業ネットワークとセキュリティの新たな要件を確認し、必要なアーキテクチャをご紹介するセッションに加え、パロアルトネットワークスが提供するCortexにより、
ランサムウェアなどの高度な脅威に加え、内部脅威/外部脅威を発見して対処まで自動的に行う、次世代のセキュリティ運用を提供するセキュリティインフラのあるべき姿をお伝えします。

セッション1
DX時代の企業ネットワークとセキュリティアーキテクチャとは?

パロアルトネットワークス株式会社
技術本部 SEマネージャー
高鳥 正彦

DXが企業のITインフラに様々な要求と変化をもたらしています。DX時代に突入したITインフラにはどのようなアーキテクチャが必要でしょうか?このセッションでは変化する企業ネットワークとセキュリティの新たな要件を確認し、必要なアーキテクチャをご紹介します。

セッション2
Cortexで実現するセキュリティ対策・運用のあるべき姿とは?

パロアルトネットワークス株式会社
Cortex営業本部 SEマネージャー
室井 俊彦

セキュリティ対策・運用を行うにあたって、データやアラートを貯めるだけになっていませんか?それではランサムウェアなどの高度な脅威に対抗することはできません。
パロアルトネットワークスが提供するCortexはエンドポイント、ネットワーク、クラウド、認証などの各種データ分析をクラウド上のAIが行い、攻撃実行前に遮断するだけでなく、内部資産と脅威を発見します。
更に攻撃者目線でのインターネットから外部脅威を自動発見することで、内部/外部資産と脅威把握をリアルタイムに行い、対処まで自動的に行う次世代のセキュリティ運用を提供するセキュリティインフラのあるべき姿をお伝えします。