Webinar

アタックサーフェイス管理

~ 把握できていない資産を狙ったサイバー攻撃を防ぐ ~

Cortex Xpanseは、サイバー攻撃者と同じようにインターネットに公開されている必要最低限の情報を基に調査し、攻撃者の視点での情報を加味して、インターネットにさらけだされた会社全体の資産と脆弱性を可視化します。
本セミナーでは、Cortex Xpanseのアタックサーフェイス管理における特長や優位性をご紹介します。

セッション1
攻撃者の視点から検討するリスク低減方法

クラウドやIoT、既存業務のデジタライゼーションなどによって企業のITインフラが拡張しています。これはサイバー攻撃者にとって侵害可能な対象が増加しているといえ、セキュリティ担当者がカバーすべき資産の拡大につながっています。
本セッションでは実際の攻撃手法と事例を解説し、刻々と変化する企業資産がさらされるリスクを低減する方法について検討します。

パロアルトネットワークス株式会社
日本担当最高セキュリティ責任者(Field CSO)
林 薫

セッション2
外から見た攻撃者のビューを提供するCortex Xpanseのご紹介

Cortex Xpanseはインターネットに接続されたすべてのデバイスを自動検出、監視、継続収集し、高精度で多くの資産や脅威をリアルタイムなビューで提供します。
本セッションでは、具体的な機能と他社製品との違いをご紹介します。

パロアルトネットワークス株式会社
Cortex営業本部
Specialist Systems Engineer
梅根 庸一