国内企業が取り組むセキュリティオペレーションの現状と今後の展望

クラウド活用や働き方改革、BCPでのテレワークなど、企業のIT環境が多様化すると同時に、企業のサイバーリスクも年々深刻なものになっています。セキュリティ担当者が行う業務、セキュリティオペレーションはますます煩雑かつ複雑なものになっています。

国内外においてセキュリティ人材の慢性的な不足が問題視され、企業においてもセキュリティに従事する人材の確保が困難になる中、セキュリティ対策やセキュリティオペレーションをどのように向上、成熟させるかは、多くの企業が抱えている共通の課題です。

本Webセミナーでは、パロアルトネットワークスが2020年3月に実施した調査を通じて明らかになった、セキュリティ製品・サービス、ログ、SOAR 活用などの国内企業のセキュリティオペレーションに関する取り組みの現状と、セキュリティオペレーション強化のカギについてご紹介します。