Webinar

アフターコロナのネットワークとセキュリティの課題を解決するSASEソリューション

新型コロナウイルスにより多くの企業がリモートワークを余儀なくされました。それにより企業のクラウド利用は加速しましたが、「如何にリモートからクラウドにセキュアにアクセスするか?」という課題が出てきました。いわゆるゼロトラスト対応です。その対応としてSASEの導入を急がれた企業、または採用を検討している企業も多いのではないでしょうか。

しかし今後、新型コロナウイルスが収束に向かいリモートワークをしていた従業員がオフィスに戻った時に、企業のネットワークは今のままで大丈夫なのでしょうか?企業の情報資産の多くがクラウドに移行したことにより、企業ネットワークではインターネットへ向けた通信が増大しネットワークの帯域は逼迫してしまいます。このような状態ではWeb会議などのアプリケーションが使い物にならなくなってしまいます。この問題を解決するためにはアプリケーション毎にポリシーや優先度、そして最適なルートの選択が必要になってきます。

パロアルトネットワークスでは昨年、次世代SD-WANベンダーのCloudGenixを買収し、Prisma SD-WANとして日本のお客様にも提供出来るようになりました。この製品をPrisma Accessと組み合わせることにより、より包括的なSASEソリューションとして、上記のような問題を解決し、最適なネットワーク構築することが可能になります。本セミナーでは、Prisma AccessとPrisma SD-WANを組み合わせたベストプラクティスを事例を交えながらご紹介させていただきます。