「セキュリティ対策は難しい。」「これまでも取り組んできたが結局抜けてしまう」「どこまで予算をかければよいのか。」、セキュリティ対策は製品コスト、運用コストとしての自社の人員コスト、アウトソース費がかかる割に投資効果が不透明、上層部からは理解を得られない、担当者の努力も報われない。世界的に見れば、先進企業は、全体的に、ITシステムの合理化を図り業務への貢献の度合いを強め、セキュリティシステムもプラットフォーム化し、できる限り機械やシステムによる自動化を推進しています。最新版Traps5.0は当社のプラットフォーム戦略の重要なコンポーネントの一つとして、セキュリティアクション自動化をさらに加速させる拡張をしました。Trapsは多くの導入実績を上げセキュリティシステムの合理化に貢献しています。

本ウェビナーでは、次世代エンドポイントセキュリティTrapsの最新版について製品の概要と特徴、自動化戦略について説明致します。