昨年に引き続きランサムウェアや新種のマルウェアなど、インターネットからのサイバー攻撃は猛威を振るっており、電子カルテなど、患者の個人情報を扱うシステムに対するセキュリティ対策は非常に重要です。また、個人情報の漏えいのみならず、サイバー攻撃により電子カルテなどのITシステムが停止することで、診療行為が行えなくなるリスクも高まってきています。一方、地域医療連携などで、院外とのVPN通信や仮想化技術などの利活用も進み、よりITインフラは複雑となります。今後もこの傾向は続くと考えられ、単純にインターネットとの接続部にファイアウォールを導入したり、アンチウィルスソフトウェアを端末に導入するだけでは、対策として不十分な状況となっています。

本セミナーでは、これらの課題を見据えた、病院ネットワーク全体をプラットフォームとして捉えた「次世代病院セキュアネットワーク」について解説いたします。