進化するモバイル ネットワークエコシステムにおけるセキュリティの防御指向アプローチ

モバイル ネットワーク オペレータ(MNO) は、革新的なネットワーク(4G、5G、SDN/NFV) の導入にあたり、急速な進化を遂げています。その一方で、モバイル ネットワーク オペレータは、自社のネットワークと利用者の両方を侵害する可能性がある、今までと異なる新しいサイバー攻撃の状況への対策を進めています。この新たなデジタル時代において、ネットワークと利用者の保護はもはや別々の問題として扱うことはできません。従来のセキュリティ ソリューションでは不十分なのです。

  • ネットワーク境界およびネットワーク構成要素において何よりも重視されてきたネットワーク セキュリティ アーキテクチャは、一段と進化を遂げました。利用者、アプリケーション、およびデバイスで送受信される脅威の多くはこれまで考慮されてきませんでした。
  • 従来のセキュリティ アプローチは事後対応的なものであり、「最新の脅威」に対応するために開発されて導入されたポイント ソリューションの寄せ集めです。個別の関連性がないセキュリティ ソリューションが導入されたことにより、複雑さが増したのです。

既知の脅威に事後対処するだけではなく、防御に重点を置いたセキュ

リティの新たなアプローチが必要となりました。防御体制を導入する

ことで、巧妙化が進む攻撃者に対して、オペレータが先手を打てるようになります。

  • 次世代セキュリティ アーキテクチャでは、ネットワークと利用者の両方に重点を置きます。これは、防御体制を確立するために重要なことです。