クラウドやモバイルの活用からInternet of Things(IoT)、デジタルトランスフォーメーション(DX)に至るまで、テクノ ロジー主導でのビジネス競争力の強化、ビジネスプロセスの効率化などの動きが進んでいます。新規ビジネスの創出、新しい顧客価値の創造、より良い社会の実現など、その目的やゴールは実に様々ですが、企業にとってテクノロジーの重要性はかつてないレ ベルにまで高まっています。 一方で、これらのテクノロジーの活用は、その多くがインターネット接続を基本的には前提としていることから、サイバーリスクに関する懸念も同時に高まることになります。

 

パロアルトネットワークスでは、日本国内の民間企業のビジネス、サイバーセキュリティ、リスクマネージメント各分野における決裁権者、意思決定者を対象に、デジタル時代の国内企業におけるテクノロジー主導のビジネス推進とサイバーリスクに対する取り組みに関する調査を実施しました。 当調査を通じてクラウド、IoT、DXなどのテクノロジー主導のビジネスへの取り組みの現状に加えて、サイバーセキュリティに関する取り組みの現状が明らかになりました。

 

詳しくは、こちらのページから調査レポートをダウンロードしてご確認ください。