昨今、ニュースなどでサイバー犯罪が新聞の一面を飾る日が多くなり、その犯罪手口の多様化により、サイバーセキュリティ対策を軽視できない状況になっています。

企業の経営陣は、これまで業務に直結しないセキュリティ対策への投資を見送る傾向にありましたが、経営を揺るがしかねない要因として、この方針が大きく変わろうとしています。

これまでは、金融機関毎に独自のセキュリティ基準による対策が行われていましたが、平成26年11月にサイバーセキュリティ基本法が制定されたことにより、方針に即した対策の必要性が問われることになります。

本資料には、金融機関を対象に最適なサイバーセキュリティ要件を満たすために利用できる最も革新的で、かつ柔軟なセキュリティプラットフォームによるネットワークの効果的な保護に関して記載しています。

ぜひ、ダウンロードしてご覧ください。