背景

モバイル ネットワーク オペレータは、そのネットワークや利用者に対する多くの脅威を把握できていません。自社のネットワークのどこから、またはどのユーザーから脅威が侵入しているか、そのすべての領域を確認するのは容易ではありません。多くの場合、旧式のばらばらな各セキュリティ システムからもたらされる、不完全で相関性のない脅威情報では、オペレータは、そのネットワークや利用者を完全には保護できなくなります。この非効果的なセキュリティ体制は、ネットワークに対する脆弱性やサービスの停止を増大させ、利用者の個人情報を危険にさらします。

攻撃対象領域が拡大する中で増大する脅威

IoT デバイス、スモールセルの導入、集中型アクセス( 固定、モバイル、Wi-Fi など)、パブリックおよびハイブリッド クラウド、共有インフラストラクチャの利用増大により、モバイル ネットワークの攻撃対象領域は拡大してきました。4G から5G、および仮想ネットワーク(NFV/SDN) への進化により、トラフィックの分散は、複数のネットワーク環境へとさらに移行が進みます。モバイル エッジ コンピューティングにより、コア ネットワーク機能、コンテンツ、アプリケーションをRAN の近くに配置したり、複数の仮想マシンやデータ センターにわたり分散させることができるようになります。

巧妙な攻撃者は、増える一方のトラフィック分散ポイントにマルウェアを送り込み、すばやく拡散して、変化を繰り返しながら制御と検出を回避します。今やオペレータは、セキュリティ体制と、すべてのネットワーク ピアリング ポイントに対する可視性の両方を拡張し、強化する必要があります。