パロアルトネットワークスによる NIST サイバーセキュリティ フレームワークのサポート

米国の国家と経済のセキュリティは、サイバーを利用する重要なインフラストラクチャの機能 の信頼性にますます依存するようになっています。2013 年には、大統領が大統領令 13636 号 を発布し、米国国立標準技術研究所 (NIST) に対し、重要なインフラストラクチャに対するサ イバー リスクを低減するために、既存の標準、ガイドライン、プラクティスに基づいてサイバー セキュリティ フレームワーク (CSF) を自主的な指針として開発するよう指示しました。2014 年 2 月の CSF 1.0 のリリース以降、世界中の組織はサイバー リスクに対する理解を深め、管理 を向上させるためにフレームワークを実装してきました。進化し続ける脅威やリスクに最新の 軽減戦略で対応するために、フレームワークが更新され、CSF バージョン 1.1 が 2018 年 4 月 にリリースされました。この更新では、認証と識別情報、サイバーセキュリティ リスクの自己 評価、サプライ チェーン内でのサイバーセキュリティの管理、脆弱性開示への対処に関する ガイダンスが追加されました。