要約

サイバー犯罪者がその最大の標的として狙いを定めているのは、他でもなく世界中に広がる金融機関です。リスクを最小限に抑えるために、金融機関はまずセキュリティの現状を評価し、最も重要なリスクを把握した上で、迅速に改善を施してセキュリティ インフラを最新化し、脅威防御を改善する必要があります。

残念ながら、金融機関においても他の多くの組織と同様、今日のセキュリティ問題に対する応急処置を施すために、長期間にわたり、組織的にネットワークやエンドポイントにセキュリティ製品を継ぎ足してきました。その結果、互いに孤立したセキュリティ ソリューションによるつぎはぎだらけのセキュリティ パッチワーク状態となり、管理は難しく、保守コストは高額で、APTを体系的に識別およびブロックするための統合脅威インテリジェンスをタイムリーに提供できない代物となっています。