難しくて、コストがかかるし、破壊的であるといった理由から、ゼロトラスト ジャーニーに二の足を踏む企業は少なくありません。21世紀のゼロトラスト ネットワークを設計するときに、20 世紀の設計パラダイムでは問題が生じる可能性があります。しかし、ゼロトラストネットワークは、実際のところ、20 世紀に使用されていた旧式の階層ネットワークよりもはるかに簡単に構築できます。わたしたちの多くは、ユーザーを「信頼できる」人物と「信頼できない」人物とに分類し、その分類に基づいて外部からネットワークを設計することを学びました (その後、このアプローチはセキュアでないことがわかってきました)。そのため、設計思考をゼロトラスト方法論に適応させるのに苦労しています。

 

ゼロトラストを導入するときに、既存のネットワークの完全な置き換えは必要はありません。ゼロトラストは、特定の保護対象領域のために設計された各ゼロトラスト ネットワークによって、既存のネットワークを強化するものです。ゼロトラスト ネットワークは、すでに有しているテクノロジを利用するために既存のネットワークと相互接続されます。その後、時間をかけて、追加のデータセット、アプリケーション、資産、またはサービスが既存のネットワークからゼロトラスト ネットワークに繰り返し移動されます。これは、ゼロトラスト ネットワークを、容易に、コスト効率よく、しかも中断なしで導入するのに役立ちます。

 

5ステップ方法論に従うことは、ゼロトラスト ネットワークを容易に導入するための後ろ盾となります。このホワイトペーパーでは、それらのステップについて詳しく説明し、パロアルトネットワークスが提供する、各ステップに従って緊密に統合されたプラットフォームにより、重要な資産の保護プロセスがいかに簡素化されるかを明らかにします。