自動エンタープライズ セキュリティ オーケストレーション(企業組織におけるセキュリティの自動編成)」は、サイバーセキュリティの進化上、いまや避けて通ることができない新基軸です。ただし、この変化にただちに取りくめるのは、企業経営幹部や政府高官だけかもしれません。

本ホワイトペーパーでは、多層防御モデルとは何か、多層防御モデルがなぜうまくいかないのかについて説明し、ネットワーク防御担当者が多層防御に替えてサイバーキルチェーンモデル( 別名「攻撃ライフサイクルモデル」) を採用してきた経緯と、このモデルの実装があまりうまくいっていない状況について解説した後、サイバーキルチェーンがどのようにすればよりうまく実装できるかについて、「セキュリティプラットフォーム」という概念をもとに説明しています。