クレジット カード情報の盗難は、驚くべき速さで増加しています。これは、クレジット カード会社や事業者に経費の負担をかけるばかりでなく、消費者の信頼も損ないます。この問題に対処すべく、ペイメント カード業界はPCIデータ セキュリティ基準(PCI DSS)を策定しました。この基準には、カード会員のデータを保護するための、12項目に渡る要件が含まれています。組織はネットワークのセキュリティを確保するために多額の投資を行い、PCI に準拠するだけでは、企業を高度なサイバー攻撃から保護できないことを実感しています。

パロアルトネットワークス® TrapsTMアドバンスト エンドポイント プロテクションは、革新的なエンドポイント プロテクション技術であり、エクスプロイトや悪意のある実行可能ファイルを無効化します。対象は、既知のものでも、未知のファイルでも関係ありません。PCI DSSは、アドバンスト エンドポイント プロテクション技術が登場する前に策定されました。そのため、この基準では未だに時代遅れの、未知のエクスプロイトを阻止する能力のないウイルス対策スキャンを実行するよう求めています。このような事実にかかわらず、コンプライアンスと同時に強力なセキュリティ体制を重視する企業では、Traps が有効性の高い代替コントロール機能を満たすと気づき始めています。Trapsは、本来的なPCI DSS要件を満たすものではありませんが、PCI DSS要件に勝るものです。これにより、大幅に強化されたセキュリティとコンプライアンスの体制が実現します。.