モダンマルウェアの検出を試みるだけでは、もはや十分ではあ りません。脅威は常に進化します。攻撃者はマルウェアをカスタマイズしたり単にその姿を変えたりするだけで、従来のアンチウイルスソリューションを回避 し、いとも簡単に標的に感染させられるということを知っています。このモダンマルウェアを使うことで、ネットワークに対する巧妙かつ継続的な攻撃が可能に なります。これまでマルウェアの標的はユーザのマシンでしたが、現在ではネットワーク全体が標的になることも少なくありません。

  脅威と攻撃の手法が絶えず変化している中で、企業側では事業活動を維持すると同時に、脅威に対する防御能力が常に問われ続けます。つまり、脅威について 知っているだけでは不十分であり、対策を実際に施すことができなければなりません。モダンマルウェアから組織を防御するには、脅威を検出するインテリジェ ンスや、全トラフィックに対するインスペクションとポリシーエンフォースメントをインラインで実行するネットワーキングパワー、そしてセキュリティ回避テ クニックに直面しても脅威を阻止できる真の防御機能が必要です。

 本ドキュメントでは、WIldFireとFireEye MPSとの比較分析を行いコンセプト、テクノロジーの違いに迫ります。(PDF, 2ページ)