日付

機能別

技術別

サービス別

オーディエンス別

言語別

Displaying 61 - 90 of 848

データシート

Prisma Cloud: 概要

パロアルトネットワークスのPrisma Cloudを利用すると、組織はパブリック クラウド コンピューティング環境において、コンプライアンスを維持し、セキュリティを管理し、セキュリティ運用を実施できます。

ガイド

Prisma Access: 概要

Prisma Accessは一貫性のある防御策をクラウドから提供します。その概要をお読みください。

データシート

Prisma Access (GlobalProtect Cloud Service) データシート

Prisma Accessが提供する機能の技術概要を紹介します。

Book

マネージド ディテクション & レスポンス

業界をリードするパロアルトネットワークスのMDRパートナーと連携し、Cortex XDR™を基盤とする迅速で徹底的なセキュリティ オペレーションを実現しましょう。ネットワーク、エンドポイント、クラウドを対象に、24時間365日稼働するアラート管理、脅威ハンティング、インシデント対応を提供。高い専門知識と高度なリソースを有するパロアルトネットワークスのパートナーが、日常業務の負担を大幅に低減します。数年かかることも珍しくない新しい環境への移行はわずか数週間で完了。その直後、検出に要する時間(MTTD: Mean Time To Detect)と対応に要する時間(MTTR: Mean Time To Respond)は60分以内に短縮されます。この時間はSLAで保証されています。

リソース

AutoFocusデータシート

パロアルトネットワークスのAutoFocus™脅威インテリジェンス サービスは、セキュリティ チームが特異的な標的型攻撃から組織を保護する方法を再構築します。このホスティングされたセキュリティ サービスは、迅速な対応を要する攻撃を理解するために必要なインテリジェンス、分析、コンテキストを提供するとともに、実用的なインジケータを通じて将来の攻撃を防御する機能を提供します。AutoFocusサービスの主なメリットをデータシートでご確認ください。

ニュースリリース

パロアルトネットワークス、ディテクション&レスポンス製品を再定義するCortex XDR 2.0を発表

世界的なサイバーセキュリティのリーダーであるPalo Alto Networks (NYSE:PANW) は、エンドポイント、ネットワーク、クラウドのデータを完全に統合する業界唯一のディテクション&レスポンスプラットフォームCortex XDRの最新版Cortex XDR 2.0を発表しました。

Webinar

新しいサイバー攻撃による脅威や内部不正を検出! エージェントレスでDetectionとResponseを実現するCortex XDR in December

サイバー攻撃はより複雑さを増し、それに対応するためのセキュリティ人材不足は深刻な状況になっています。 一方、企業内においては各種セキュリティツールが導入され、SOC/運用チームは多数のアラートを処理することが不可能に近い状態になっています。 Cortex XDRはネットワークから収集されたデータをクラウド上で解析、機械学習による挙動解析により新しいサイバー攻撃や内部不正の予兆を検出することでエージェントを導入できない業務システムやモバイル/IoT環境も保護します。

Book

クラウドにおけるセキュリティの課題

各種のクラウドネイティブ アーキテクチャによるセキュリティ体制への影響について解説します。

ホワイトペーパー

複数のクラウド環境に対する ゼロ トラストの適用

このホワイトペーパーで、どのようにゼロトラスト戦略をクラウド環境に適用するかご紹介します。

データシート

Prisma Access for Clean Pipe

Prisma Access for Clean Pipe は、SP や通信事業者向けのアウトバウンド インターネット セキュリティ サービスです。このサービスは、エクスプロイト、マルウェア、その他悪意のあるコンテンツなどの脅威に対する保護を提供します。SP はこのサービスを利用することによって、顧客が望むセキュリティ レベルに基づき、さまざまなクラスのインターネット サービスを提供できるようになります。

ホワイトペーパー

ハイブリッド データセンターを保護するための3つのユース ケース

最高の可視性、制御、次世代の脅威防御を提供しながら、物理、仮想、クラウド(ハイブリッド)の環境にまたがって統一されたセキュリティ アプローチをどのように適用しますか。

ニュースリリース

パロアルトネットワークス、 独自のセキュリティマネジメントフレームワークの 導入支援サービスを提供開始

サイバーセキュリティのリーダー企業のパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ・ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は、サイバー攻撃から経営を守るための独自開発のセキュリティマネジメントフレームワークの導入支援サービス「SMO (Security Management Office)イネーブルメントサービス」を2019年12月より提供開始することを発表します。同サービスは、パロアルトネットワークスのサイバーセキュリティとテクノロジーの知見と、パートナーの法律事務所の法規制の知見に基づき提供します。企業の経営層は、同サービスにより、ビジネスの企画段階から運用までのプロセスに、一気通貫にサイバーセキュリティ戦略を組み込むことができます。

ニュースリリース

パロアルトネットワークス、 テクノロジー主導のビジネスにおけるサイバーセキュリティに関する 調査結果を発表

サイバーセキュリティのリーダー企業のパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ・ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は、テクノロジー主導のビジネスにおけるサイバーセキュリティの現状を明らかにするために実施した「デジタル時代の企業経営とサイバーセキュリティに関する実態調査」の結果を発表します。

ホワイトペーパー

DX、クラウド、IoT時代の サイバーセキュリティ 意思決定者の意識調査

Society 5.0やクラウド・バイ・デフォルト、働き方改革といったコンセプトや取り組みが国内でも提唱されているように、クラウドやモバイルの活用からInternet of Things(IoT)、デジタルトランスフォーメーション(DX)に至るまで、テクノロジー主導によるビジネス競争力の強化、ビジネスプロセスの効率化などの動きが進んでいます。 当調査を通じて、テクノロジー主導のビジネス推進が多くの企業で実施されている一方で、多くの企業が過去1年間に深刻なサイバー攻撃を経験しており、またサイバーセキュリティに関する取り組みは企業の中で後付け、サイロになっている現状が明らかになりました。

Webinar

クラウドネイティブに必要となるセキュリティとは

エンタープライズ開発環境にクラウドネイティブアプローチを取り入れる企業が増えています。 これまでのクラウドインフラにフォーカスした設定の脆弱性や偵察行為の検知だけでなく、CI/CDパイプラインからセキュリティを考慮する”シフトレフト”による開発段階での早期発見が必要となってきています。 またGoogleのAnthosなどによるクラウドとオンプレミスを跨いだハイブリッドクラウド、マルチクラウド環境に対するセキュリティ監視自動化なども注目されています。 これらのクラウドネイティブな環境にセキュリティを無理なく導入するPrisma Cloudに関してデモを交えてご説明いたします。

ニュース

Top Reads 3: CIO + CISO 変わりゆく関係

特集 (1) ノースダコタ州が描くサイバーセキュリティの大いなるビジョン (2) CIOが取締役会のメンバーになるには (3) 超予測: リスク評価で超高精度を追及する

ホワイトペーパー

Top Reads 3: CIO + CISO 変わりゆく関係

特集 (1) ノースダコタ州が描くサイバーセキュリティの大いなるビジョン (2) CIOが取締役会のメンバーになるには (3) 超予測: リスク評価で超高精度を追及する

Book

SD-WANによる一貫したセキュリティの提供

高速で信頼性の高い接続テクノロジを求めるITエグゼクティブは、ソフトウェア定義型広域ネットワーク(SD-WAN)に移行しつつあります。SD-WANテクノロジに移行する際には、セキュリティ、パフォーマンス、シンプルさを犠牲にしてはなりません。SD-WAN製品を選ぶときは、必須機能と利点が多いものを探すことが重要です。

ニュースリリース

Palo Alto Networks、 ガートナー ネットワーク・ファイアウォールについての マジック・クアドラントで8年連続リーダーの評価

サイバーセキュリティのリーダー企業のPalo Alto Networks(以下、パロアルトネットワークス)は、Gartner, Inc. (以下、ガートナー) が2019年に発行したネットワーク・ファイアウォールについてのマジック・クアドラントのレポート(2019 Magic Quadrant for Network Firewalls)にて、リーダーとして評価されたことを発表します。

顧客事例

株式会社ゲオホールディングス

クラウドシステムのセキュリティ強化に取り組むゲオグループセキュリティ状況の可視化を目的に「Prisma Cloud」を導入

ニュースリリース

米Palo Alto Networks、IoTセキュリティ企業Zingboxを買収完了

世界的なサイバーセキュリティのリーダー企業である米Palo Alto Networks(R) (NYSE: PANW、以下パロアルトネットワークス) は本日、米国の IoTサイバーセキュリティ企業であるZingboxの買収を完了したことを 発表しました。この買収を通じて、パロアルトネットワークスは、 次世代ファイアウォールとセキュリティプラットフォームCortexにおける IoTセキュリティの強化に向けて前進していきます。

Webinar

PRISMA CLOUD徹底解説 デモで知るクラウドセキュリティ

パロアルトネットワークスでは業界に先駆け「クラウドセキュリティ」という新しい分野に対してPrisma Cloudを提供。今回はIaaS/PaaS/Container/Serverlessに対してどのようにセキュリティを実現するのかをデモを中心にご紹介いたします。

Webinar

PALO ALTO NETWORKS DAYフォローアップセミナー AIで高度な脅威の検出/対処を自動化するXDR

本セミナーでは、隠れた脅威/侵入後の脅威を自動的に発見し、攻撃を封じ込めるまでの時間を短縮しつつ、大量のアラート処理から解放されるCortex XDRについて担当エンジニアが解説します。

解説画像

モバイルワーカーの守り方

このインタラクティブコンテンツでは、クラウド対応セキュリティの活用により、ユーザーの保護、アクセス権の提供、可視化および保護の常時維持をどのように実現しているかをご覧ください。

ホワイトペーパー

検出と対応の ROI を 最大化する

成功するセキュリティ運用プログラムを構築するには、適切な検出および対応ツールを使用することか ら始めます。こうしたツールは、セキュリティ チームが脅威をすばやく検出、調査し、封じ込めるのに 役立ちます。

ホワイトペーパー

5ステップ方法論によるゼロトラスト導入の簡素化

5 ステップ方法論に従うことは、ゼロトラスト ネットワークを容易に導入するための後ろ盾 となります。このホワイトペーパーでは、それらのステップについて詳しく説明し、パロアル トネットワークスが提供する、各ステップに従って緊密に統合されたプラットフォームによ り、重要な資産の保護プロセスがいかに簡素化されるかを明らかにします。

データシート

パロアルトネットワークス製品総合カタログ

どんな場所でも 一貫したセキュリティを提供し データを守ります

ニュース

Top Reads: 簡素化

アプリケーションやツールをため込むことには意味がない / すべての企業がデータ企業になったときに直面する厳しい現実とは / SOC 勝利の方程式

ニュースリリース

インフォセック、 パロアルトネットワークスと連携し 包括的な脅威の検出・調査・対処を実現する MDRサービスを提供開始

パロアルトネットワークス株式会社と株式会社インフォセック「Cortex XDR」を利用した日本初の「MDRサービス powered by Cortex XDR」を9月末より提供開始します。

ガイド

あらゆる場所を、より安全に

現在はクラウドが主流です。Gartner によると、クラウド市場全体の規模は、2018 年の1,824 億米ドルから2022 年には3,312 億米ドルまで成長する見込みで、年平均成長率(CAGR) は16.1% です。これは驚くことではありません。クラウドにより、急速なイノベーショ ン、従来よりも迅速な新しい販売ルート、顧客を獲得し、満足させ、維持するためのより良い新たな方法などのメリットをほぼ即座に享受することができるからです。これらはいかなる企業にとっても、存続し、成功するために重要な要素です。 2018年には、クラウド コンピューティングの導入が急速に進んだものの、サイバーセキュリティの専門家の間では懸念も増大しました。 サイバーセキュリティ専門家10人のうち9人は、「クラウドのセキュリティが心配だ」と回答し、前年の調査結果から11% 増となりまし た。もしサイバーセキュリティ専門家の間で懸念が高まっているのなら、それは経営幹部や他のビジネス リーダーにとってどのような意 味があるのでしょうか?
Displaying 61 - 90 of 848