A Palo Alto Networks Certified Network Security Engineer (PCNSE) is capable of designing, deploying, configuring, maintaining and troubleshooting the vast majority of Palo Alto Networks-based network security implementations. Passing the PCNSE7 and exhibiting solid professional behavior, are the requirements for becoming a PCNSE7. The formal certification exam is hosted and proctored by the third-party testing company Pearson VUE. Either exam should be taken by anyone who is prepared to demonstrate a deep understanding of Palo Alto Networks technologies. Candidates can be anyone who uses Palo Alto Networks products, including customers, partners, system engineers, systems integrators and support engineers.




Exam Objectives

The Palo Alto Networks Certified Network Security Engineer (PCNSE) is a formal, third-party proctored certification that indicates those who have passed it possess the in-depth knowledge to design, install, configure, maintain and troubleshoot the vast majority of implementations based on the Palo Alto Networks platform. The PCNSE exam should be taken by anyone who wishes to demonstrate a deep understanding of Palo Alto Networks technologies, including customers who use Palo Alto Networks products, value-added resellers, pre-sales system engineers, system integrators, and support staff.

 

Contact

For questions or issues related to the PCNSE exams please contact certification@paloaltonetworks.com

Certification Resources

PCNSE7 Blueprint

The PCNSE Blueprint summarizes the key objectives of the test, and is a high level overview of the core areas/skills that the test is designed to measure.

PCNSE7 Study Guide New!

The purpose of the study guide is to help you prepare for your PCNSE7 exam. This study guide is a detailed summary of the key topic areas that you are expected to know to be successful at the PCNSE7 exam.

PCNSE7 Practice Questions New!

These questions are designed to help prepare you for the PCNSE certification exam. They will allow you to assess your understanding of the topics covered in the exam and identify topics on which you may need further training/study. Note: Passing this informal practice test is not an indication that you will automatically be successful at the actual PCNSE exam as this material is not based on actual questions and answers from the PCNSE exam. Instead it will help you prepare and gauge your understanding and readiness to take the actual exam.

Hands-on practice is the best way to cement what you learn from this Study Guide and the documents that they refer to.

 

Palo Alto Networks Exam Security Policies

Re-certification Requirements

There are currently no recertification requirements. The PCNSE certification is tied to a specific PAN-OS version. 

(Partners may be required to earn the most recent certification.)

Register Now

FAQs

For additional details about the PCNSE exam, please refer to the PCNSE Frequently Asked Questions list (PCNSE FAQs).



 関連コンテンツ

Palo Alto Networks WanaCrypt0r ランサムウェア攻撃に対するプロテクション

何が起こったか: 2017年5月12日金曜日、WanaCrypt0rの最新亜種による一連の攻撃が広範囲に対して始まりました。これらの攻撃は世界中の公的・民間組織に影響を与えたと報告されています。Palo Alto Networks の次世代セキュリティプラットフォームはこの攻撃に対するプロテクションを自動で作成、配布、適用を行いました。 どうやって攻撃されるのか: WwanaCrypt0rはリンクもしくはPDFドキュメントを添付したフィッシングメールによる攻撃が始まります。フィッシング攻撃の成功により WanaCrypt0r ランサムウェアはターゲットシステムに感染し、次にSMBプロトコル経由でMicrosoft Windows システムにある EternalBlue 脆弱性 (CVE-2017-0144)を悪用して広範囲に感染を広めようとして攻撃します。この脆弱性は Microsoft により MS17-010として2017年3月に対応されています。この脆弱性は Shadow Brokers グループによって 2017年4月に一般公開されていました。MS17-010 のパッチを適用している組織は WanaCrypt0r の感染がネットワークを介して広まるリスクはありません。MS17-010は現在アクティブな攻撃で使用されているネットワークコンポーネントにあるリモートコード実行可能な脆弱性を修正しているため、私たちはこのセキュリティアップデートの適用を早急に行うことを強くおすすめします。 阻止: Palo Alto Networks のお客様は、攻撃ライフサイクルのいずれにおいても脅威を自動的に止めることができる脅威阻止アプローチを適用している我々の次世代セキュリティプラットフォーム経由で守られています。Palo Alto Networks のお客様は次世代セキュリティプラットフォームに対して提供している複数の脅威阻止コントロールを通じて自動的にWanaCrypt0rランサムウェアから守られています。 WildFire はすべての既知サンプルをマルウェアとして分類し、悪意のあるコンテンツがユーザに配布されることを自動的にブロックしています。 Threat Preventionはこの攻撃に使用されている脆弱性の悪用(CVE-2017-0144 - MS17-010)に対応する IPS シグネチャを適用しています。 Traps はエンドポイントで WanaCrypt0r マルウェアの実行を阻止します。 AutoFocus はWanaCrypt0rタグを通じて脅威分析と脅威ハンティングできるようこの攻撃を追跡します。 GlobalProtect を通じて次世代ファイアウォールポリシーをモバイルユーザに拡大することでリモートワーカーを守ることができます。 Palo Alto Networks 次世代セキュリティプラットフォームを使ってランサムウェアを阻止するベストプラクティスについてはこちらのナレッジベースを参照ください。

  • 0
  • 2275

パロアルトネットワークス管理者ガイド日本語版

このガイドで、パロアルトネットワークスのファイアウォールのWeb管理画面の使用方法を説明します。対象は設置、運用管理、メンテナンスを行うシステム管理者向けです。 ※このページで提供する管理者ガイドが最新版でない可能性があります。最新版に関しては、製品をご購入された販売代理店にご相談ください。  

  • 0
  • 1425

製品概要スペックシート

  • 0
  • 1282

脅威の概要: WanaCrypt0r について判明していること

本 Unit 42 ブログ記事では、WanaCrypt0r ランサムウェアによる攻撃とその拡散方法についての本脅威の現況について、更新情報を提供します。

Rick Howard, Palo Alto Networks,
  • 0
  • 922

PA-3000シリーズ スペックシート

PA-3000シリーズの主な機能、パフォーマンスと容量、および仕様。

  • 0
  • 823

Tsunamiの亜種である新しい IoT/Linux マルウェアがデジタルビデオレコーダーを標的に

パロアルトネットワークスの脅威インテリジェンスチーム「Unit 42」は、新しい IoT/Linux ボットネット「Tsunami」の亜種である「Amnesia」を発見しました。Amnesia ボットネットによる攻撃は、TVT Digital 社ならびに TVT Digital 社から供給を受けた世界 70 以上のベンダーブランドによる DVR (デジタル ビデオ レコーダー) 機器に存在する、パッチを適用されていないリモートコード実行に関する脆弱性を狙います。

  • 0
  • 587