仮想デスクトップ インフラストラクチャ

課題

変化が激しいビジネス環境には、デスクトップ、アプリケーション、データ アクセスに関するスタッフからの進化する要求に対応する柔軟なインフラストラクチャが必要です。1つの論理的なアプローチとして、仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)の実装があります。VDIを実装すれば、従業員は、世界中のどこにいても、ラップトップ、タブレット、さらには個人のスマートフォンからも業務を行うことができます。VDIソリューションによって、管理の一元化、複雑さの軽減、ユーザー アクセスおよび権限の効率的な管理など、デスクトップ セキュリティのさまざまな利点が提供されますが、仮想デスクトップ インフラストラクチャ全体のセキュリティを確保することが極めて重要です。しかし、この新しい、一元化された環境のセキュリティを確保するには困難が伴います。特に、さまざまなデバイスを使用してアプリケーションやデータにアクセスする何千人というユーザーすべてを1つのIPアドレスで表すことができる場合は難しくなります。VDI環境を利用している間、ユーザーは、仮想デスクトップに加えて、データセンター内の他のアプリケーションにもアクセスできる可能性があります。

ソリューション

パロアルトネットワークスの次世代ファイウォールは、仮想デスクトップからアクセスされるリソースについて、IDベースの高度できめ細かなアプリケーション制御、脅威防御、コンテンツ漏洩保護を実現します。パロアルトネットワークスのファイアウォールを仮想デスクトップ インフラストラクチャのバックエンドに導入すれば、仮想デスクトップ ユーザーにアプリケーションの使用を安全に許可することができます。パロアルトネットワークスのUser-IDテクノロジを使用すると、ネットワークの静的IPアドレスを使用するのではなく、ユーザーやユーザー グループに基づいてファイアウォール ポリシーを設定できます。パロアルトネットワークスでは、実装しているVDI環境の種類に関係なく、仮想デスクトップ ユーザーの身元を容易に確認してセキュリティ ポリシーを適用できるUser-IDエージェントとターミナル サービス エージェントを提供しています。また、VDIの取り組みに沿って保護を拡張できるように、パフォーマンスが最適化された、幅広い専用ハードウェア プラットフォームも提供しています。

パロアルトネットワークスなら、既知/未知のマルウェアや標的型攻撃からインフラストラクチャ全体が保護されているという安心感を持ちながら、仮想デスクトップの可用性、パフォーマンス、スケーラビリティを最大化することができます。

さらに、Citrix NetScaler SDXとの統合により、Citrix XenApp/XenDesktopの導入に対応した統合セキュリティおよびアプリケーション デリバリー コントローラ(ADC)ソリューションも提供しています。

資料

ホワイトペーパー
このホワイトペーパーでは、パロアルトネットワークスのセキュリティ プラットフォームとともにCitrix NetScalerを導入して仮想デスクトップを保護し、仮想デスクトップ インフラストラクチャの可用性、パフォーマンス、スケーラビリティを確保する方法を検討します。

導入ガイド
このガイドでは、Citrix NetScalerとパロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールを使用してCitrix XenDesktop環境を高速化し、セキュリティで保護する方法について詳しく解説します。

Citrix NetScaler SDXソリューション概要
このソリューション概要では、Citrix NetScaler SDXにおけるVM-Seriesの統合について説明します。サポートされている導入の1つとして、Citrix XenApp/XenDesktop向けの統合セキュリティおよびADCソリューションがあります。