~ 包括的なセキュア アクセス サービス エッジを拡張 ~

 

サイバーセキュリティのリーダー企業であるパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:アリイ・ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は、包括的な「SASE(Secure Access Service Edge:セキュア アクセス サービス エッジ)」プラットフォームとして、クラウド配信型のSD-WANおよびDLP(Data Loss Prevention:データ損失防止)を含む機能拡張した「Prisma Access」を日本市場で提供開始することを発表します。Prisma Accessは、グローバル展開されたクラウドプラットフォーム上で、SASEに必要なエンドツーエンドのネットワークやセキュリティ機能を提供します。

 

現在、クラウドテクノロジーの普及や働き方改革に伴うモバイルユーザーの増加により、ネットワークセキュリティインフラに求められるものが根本から変わってきています。新たに提唱されているネットワークセキュリティモデルSASEは、ネットワークとセキュリティをクラウド上に統合することにより、従来型アーキテクチャの制約を解決するものです。米ガートナー社は、「クラウドベースのSASEがもたらす企業需要や市場競争、市場統合により、企業ネットワークとネットワークセキュリティアーキテクチャが再定義され、競争環境が刷新される」(※1)としています。

 

パロアルトネットワークス株式会社のチーフサイバーセキュリティストラテジストである染谷 征良は次のように述べています。

「従来のデータセンターにおけるネットワークセキュリティでは保護できないユーザーや拠点、データ、サービスが急増する中、企業や組織においてネットワークとネットワークセキュリティの機能を統合した新しいクラウド型のインフラが求められています。Prisma Access は、シームレスなユーザーエクスペリエンスを実現する共通のフレームワークを通じて、パブリッククラウド、プライベートクラウド、SaaS上のクラウドアプリケーションへの一貫したセキュリティサービスとアクセスを提供します。」

 

Prisma Accessは、既にグローバルの大企業に採用されており、IPsec VPNやSSL VPN、クラウド型マルウェア分析、DNSセキュリティ、URLフィルタリングといった機能を含む包括的なネットワークおよびセキュリティ機能を提供しています。Prisma Accessでは、SaaSアプリケーションのインラインでの可視化および制御、Prisma SaaSとのAPI連携によるCASB機能も提供しています。

 

今回、SASEプラットフォームとしての機能拡張として、SD-WANやDLP機能を含む、以下の新機能を追加しています。

 

・新しいSD-WAN機能の追加:

従来のSD-WANは、企業や組織をセキュリティリスクにさらし、エンドツーエンドの性能に不安を抱え、ネットワークの複雑性を増大させていました。クラウドベースのSD-WANハブとして機能するPrisma AccessとSD-WANアプライアンスとして機能する次世代ファイアウォールにより、シンプルで信頼性の高いセキュアな、エンドツーエンドのSD-WANインフラストラクチャを提供します。

 

・新しいクラウド管理UI:

Prisma Accessは、統合セキュリティ管理プラットフォームPanorama®で管理でき、同管理プラットフォームでは、物理ファイアウォールから仮想ファイアウォール、クラウドにわたり一貫したセキュリティポリシーを適用できます。今回新たに、クラウド環境のお客様向けに、クラウドサービスとして再構築されたワークフローベースの管理ユーザーインターフェースを提供し、SASEの構成と管理業務を簡素化します。

 

・新しいSaaS SLA (サービス品質保証、Service Level Agreements):

クラウドサービスの採用には、パフォーマンスや可用性、セキュリティなどの重要項目における契約義務を定義するSLAが不可欠です。 Prisma Accessはクラウドアプリケーションアクセスのパフォーマンスを確保するSASEプラットフォームであり、今回、稼働時間とセキュリティ処理パフォーマンスに関するSLAを刷新しています。

 

・DLP機能の追加:

包括的なデータ保護およびガバナンスの確保は、SASEに不可欠な機能です。Prisma Accessに追加されたDLP機能は、機密データを検出、監視、保護し、データ流出やコンプライアンス違反のリスクを軽減します。新しいDLPのためのエンジンはPrisma AccessとPrisma SaaSをサポートし、ネットワーク上を移動するデータやパブリッククラウドストレージ上に置かれたデータを検出します。このエンジンは、将来的にすべてのパロアルトネットワークス製品をサポートし、企業全体における一貫したデータ保護を実現します。

 

Prismaは、包括的なクラウドセキュリティを現在から先の未来にわたり提供するクラウドセキュリティ製品群です。Prismaは、クラウド上のデータや資産、リスクに対する可視性、アクセスやデータ、アプリケーションの一貫した防御、クラウド採用のためのスピードと俊敏性、シンプルなアーキテクチャによる運用の簡素化とコストの削減を提供しています。詳細は下記をご確認ください。https://www.paloaltonetworks.jp/cloud-security 

 

■提供開始時期

新しいPrisma Accessにおける、SD-WAN機能、クラウドベースの管理UI、および新しいSaaS SLAは、順次Prisma Accessを利用中のユーザー企業に展開されます。DLP機能は評価版として利用いただけます。

※1 出典:Gartner, The Future of Network Security Is in the Cloud; ; Neil MacDonald et al., 30 August 2019

https://start.paloaltonetworks.com/sase-the-future-of-network-security.html

 

■関連サイト

・Prisma Accessサイト

https://www.paloaltonetworks.jp/cloud-security/prisma-access

 

・ブログ:クラウドと多様化する働き方の時代のネットワークセキュリティをどうするか

https://blog.paloaltonetworks.com/2020/01/sase-for-cloud-and-work-style-reform/?lang=ja 

 

・ウェビナー(3月3日開催):「パロアルトネットワークスで実現する新セキュリティモデル、SECURE ACCESS SERVICE EDGE(SASE)について」

https://register.paloaltonetworks.com/prismaaccesswebinar0303 

 

●パロアルトネットワークスについて

Palo Alto Networks(パロアルトネットワークス)は、世界的なサイバーセキュリティのリーダー企業として、各組織や従業員の業務を変革する技術により、クラウド中心の未来を創造しています。パロアルトネットワークスの使命は、日々のデジタル生活を守るサイバーセキュリティパートナーとしてお客様に選ばれることです。AI、分析、自動化、オーケストレーションの分野で最新の技術革新を提供することにより、世界で最も重要な課題であるセキュリティの確保を支援します。統合プラットフォームを提供し、パートナーとのエコシステムを強化することで、クラウドやネットワーク、デバイスを越えて数万の組織を最前線で防衛しています。日々がより安全で安定した世界になっていくことが、パロアルトネットワークスの掲げる理想です。


詳しくは< http://www.paloaltonetworks.jp >をご覧ください。 

 

※Palo Alto Networks、Prisma、Panorama、Palo Alto Networksロゴは米国およびその他の国におけるPalo Alto Networksの商標です。本リリースに記述されているその他すべての商標、商号、サービスマークは、各所有者に帰属します。

 

●本件に関するお問い合わせ先

【お客様向けのお問い合わせ先】
パロアルトネットワークス株式会社
Tel: 03-3511-4050 Email: infojapan@paloaltonetworks.com

 

【報道関係者向けのお問い合わせ先】
パロアルトネットワークスPR事務局 株式会社アクティオ
Tel: 03-5771-6426 Email: paloalto-pr@actioinc.jp