Prisma Access

脅威の阻止とクラウド アプリケーションへの安全なアクセスを場所を問わず実現

クラウド対応組織を安全に保護

クラウド アプリケーションの急速な普及に伴い、セキュリティに関する組織の考え方にパラダイム シフトが起きています。 アプリケーションもユーザーも組織のネットワーク上に存在していない場合、どのようにアクセスを制御しデータを保護すれば良いのでしょうか?

Prisma Accessはクラウドから直接保護を行い、クラウドに安全にアクセスできるようにします。 Prisma Accessは、ユーザーが必要とする接続性とセキュリティを組み合わせて、ユーザーが求める場所で提供します。

一貫したセキュリティ

Prisma Accessは、あらゆる場所でポリシーを一貫して適用することによって、サイバー攻撃に対する妥協のない防御を実現します。 広範囲にわたる自動化された保護が、既知および未知のマルウェア、エクスプロイト、認証情報の盗難、コマンド アンド コントロールなどのさまざまな攻撃ベクトルをすべてのポートとプロトコルにわたって阻止します。

グローバルな接続性

データセンターで独自のポイント オブ プレゼンスを設定して管理しなくても、グローバルな接続要件を満たすことができるようになりました。 クラウド内に構築されるクラウド対応のPrisma Accessは、その接続レイヤーを通して、世界中の支店、小売り拠点、およびモバイル ユーザーをサポートします。 また、支店間、支店と本社間、支店とユーザー間の各アプリケーションで使用されるあらゆるポートとプロトコルをサポートするため、シンプルな接続を実現します。

業務に合わせたスケーリング

Prisma Accessのクラウド アーキテクチャによって、セキュリティの柔軟性、俊敏性、拡張性が実現します。 必要なキャパシティのライセンスを取得して使用し、必要に応じてキャパシティを追加することができます。 Prisma Accessは、ビジネス ニーズの変化に応じて自動的にスケーリングできるため、どんな場所でも適所でサービスが提供されます。 最近の合併や買収などによって組織が変化しても、共通のセキュリティ ポリシーに従って新しいサイトを即座に導入することができます。

迅速な展開

世界中でハードウェア アプライアンスをセットアップ、運用、出荷するという物流上の問題が回避されます。 Prisma Accessを使用すると、数か月ではなく数分で保護をグローバルに展開できます。 ポリシーの変更はクラウド内に実装されるため、変更とコミットをエッジにプッシュする必要はもうありません。 保護を開始するまでの時間が短縮されることで、組織は、リスクへの暴露の軽減、経営目標の達成、およびコンプライアンス期限順守のための厳しいスケジュールに対処することができます。

注目の統合

クラウドの採用によってWAN戦略の変更が進んでいます。 組織がインターネットへの直接接続をサポートできるように支社の接続を調整することに伴い、多くのネットワーク チームはSD-WANによるMPLS接続のオフロードや置換を行っています。 SD-WAN戦略が安全であることを確認し、Prisma Accessとの統合を活かして、サイバーセキュリティ要件に対応してください。


使用例

クラウド対応のモバイル ワーカー

Prisma Accessがモバイル ワーカーをどのように保護するかをご確認ください。

詳細はこちら

クラウドに接続されている支社

Prisma Accessが支社と小売り拠点をどのように保護するかをご確認ください。

詳細はこちら

ゼロトラストのクラウド セキュリティ

Prisma Accessが、クラウドのアプリケーションとデータを保護するために、どのようにアクセスとセキュリティを提供しているかをご確認ください。

詳細はこちら


関連資料