パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールでセキュリティ機能を統合

  • 高知大学は2017年12月、同大学が進めてきたキャンパスネットワークの更改を機に、セ キュリティレベルの向上と認証システムの強化を目的としてパロアルトネットワークスの次世 代ファイアウォール「PA-5220」を導入した。同製品をコアL3スイッチとして採用し、従来の 課題だった学内トラフィックの可視化と脅威防御の強化を実現。また、マイクロソフトのAD (Active Directory)認証とSAML(Security Assertion Markup Language)認証を連 携してユーザー識別できる仕組みを採用するなど、先進的な設計思想を取り入れたキャンパ スネットワークを構築した。
     

分 野

教育機関

導入背景

  • ネットワークに関する新しい方針により、キャンパスネットワークを再整備
  • 大学執行部の意向を受け学術情報課の事務職員が主体となってネットワークを整備
  • セキュリティの強化、トラフィックの可視化、シングルサインオンの実現を目指す

ソリューション

  • 新しいキャンパスネットワークに最適な仕様をパロアルトネットワークスが提案
  • パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール「 PA-5220」を冗長構成で導入

 


 

株式会社アツミテック

更改時期をきっかけにパロアルトネットワークスのTrapsと次世代ファイアウォールを採用
  • 1
  • 55