伊藤病院は、ネットワークのリプレースを機にさらなるセキュリティ強化 を目的として次世代ファイアウォール「PA-500」を導入した。同機によるアプリケーションの可視化およびウィルス被害や、情報漏えいリスクの高いアプリケーションの制御を実現することで、さらなる病院情報ネットワークの安全な運用を目指している。

“ネットワークリプレースの総予算の中で十分なコストパフォーマンスを発揮してくれると判断したからです。”