北九州市役所は、基幹系業務システムの統合基盤構築に伴って、住民情報 などクリティカルな情報を扱うハイセキュリティエリアへの厳密なアクセス制御を 行うためにPA-2020を導入した。

“PA-2020によって、セキュアなネットワーク環境を構築できたことは、行政内部の事務の効率化を実現できるとともに、市民の皆様に利便性の向上をもたらすことになるでしょう”