創価大学は、2011年度のキャンパスネット ワークの更新で、セキュリティインフラのシンプル化によってネットワークパフォー マンスを向上させることを目標に次世代ファイアウォール「PA-4020」を導入した。

"アプリケーションベースでトラフィックを識別し、リスクを可視化できることは、ユーザーの視点からするととてもわかりやすく、非常に魅力的な製品だと感じています。"