総合的なセキュリティ

詳細なSaaSベースのレポートおよびきめ細かなSaaS使用の制御により、Apertureは、App-ID™によって提供されるパロアルトネットワークス®の次世代セキュリティ プラットフォームの既存のSaaS可視化機能およびきめ細かな制御機能をさらに強固なものにします。Apertureによって可視性と制御をSaaSアプリケーション内に追加することで、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク変更を必要とせずに、完全なエンドツーエンドのセキュリティ ソリューションを提供できます。

遡及的防御

単にインラインのデータを見るのではなく、どれだけ古いものであってもSaaSアカウント自体の作成まで遡って、データ公開を可視化、制御します。

脅威を防御

SaaSアプリケーション、特にユーザーとファイルを自動的に 同期するSaaSアプリケーションのリスクの1つは、マルウェアの挿入ポイントが新しく増えることです。Apertureはこの問題を、WildFireと統合して、SaaSアプリケーション内にある既知および未知のマルウェアを識別することで解決しています。

APERTURE - COMPLETE SAAS SECURITY

Apertureは、弊社のセキュリティ プラットフォームの可視性ときめ細かな制御を、従来IT部門には不可視の領域だったSaaSアプリケーションそのものにまで拡張しました。Apertureは、SaaSアプリケーションを直接調べることによってこの問題を解決しており、これによりユーザーおよびデータの日常的な活動を完全に可視化することができます。きめ細かな制御によって、ポリシーが維持され、データ公開と脅威のリスクを排除できます。

高度な脅威に対する防御

WildFire™ 脅威インテリジェンス クラウドとApertureを統合することで、高度な脅威防御を実現し、既知のマルウェアを阻止するとともに、未知のマルウェアを識別し阻止することができます。これによりWildFireの既存の統合が拡張され、許可されているSaaSアプリケーションを介して脅威が拡散しないように防止し、マルウェアの新しい挿入ポイントを防御します。

Apertureによって検出された新しいマルウェアは、そのSaaSアプリケーションに関わりがあるかどうかに関係なく、次世代セキュリティ プラットフォーム全体で共有されます。

真にSaaSを可視化

Apertureは、すべてのユーザー、フォルダ、ファイルの活動を完全に可視化し、詳細な分析を可能にします。これにより、ユーザーは、あらゆる時点で何が発生しているかを、推測ではなく正確に把握することができます。この機能を使用して、日常的な使用状況を詳細に分析することができるため、データ リスクやコンプライアンス関連のポリシー違反があるかどうかを迅速に判別できます。

コンテクスチュアル リスク コントロール

Apertureでは、きめ細かな、コンテキストを認識するポリシー コントロールを定義できるため、ポリシーの適用を強化し、違反が発生したらすぐにユーザーとデータを隔離できるようになります。これにより、クラウドベース アプリケーションの利点を維持しながら、PCIやPIIなどのデータ リスクのコンプライアンス要件を迅速かつ容易に達成することができます。