仮想化ファイアウォール

VM-Series は、当社の物理アプライアンスで提供されているものとまったく同じ次世代ファイアウォールおよび高度な脅威防御機能をサポートしており、通過するアプリケーションおよび、プライベート、パブリック、およびハイブリッド クラウド コンピューティング環境のアプリケーションを安全に使用することができるようになります。

VM モニタリング、ダイナミック アドレス グループ、REST ベースの API などの自動機能を使用すると、VM の構成変更を監視し、そのコンテキストを動的にセキュリティ ポリシーに取り込み、VM が変更されたときに発生するポリシー変更のタイムラグをなくすことができます。

VM-Series は、次のハイパーバイザーをサポートしています。

  • VMware ESXi および NSX
  • Citrix SDX
  • KVM (Centos/RHEL)
  • Ubuntu
  • Amazon Web Services


ファイアウォールの比較

VM-1000-HV

file
  • 最大 250,000 セッション
  • 2,000 IPSec VPN トンネル/トンネル インターフェイス
  • 500 SSL VPN ユーザー
  • 40 セキュリティ ゾーン
  • 最大 10,000 ポリシー
  • 10,000 アドレス オブジェクト
  • 1 Gbps ファイアウォール スループット (App-ID を有効化)*
  • 600 Mbps 脅威防御スループット*
  • 250 Mbps IPSec VPN スループット*
  • 8,000 新規セッション/秒*

VM-100

vm-series
  • 最大 50,000 セッション
  • 25 IPSec VPN トンネル/トンネル インターフェイス
  • 25 SSL VPN ユーザー
  • 10 セキュリティ ゾーン
  • 最大 250 ポリシー
  • 2,500 アドレス オブジェクト
  • 1 Gbps ファイアウォール スループット (App-ID を有効化)*
  • 600 Mbps 脅威防御スループット*
  • 250 Mbps IPSec VPN スループット*
  • 8,000 新規セッション/秒*

VM-300

vm-series
  • 最大 250,000 セッション
  • 2,000 IPSec VPN トンネル/トンネル インターフェイス
  • 500 SSL VPN ユーザー
  • 40 セキュリティ ゾーン
  • 最大 5,000 ポリシー
  • 10,000 アドレス オブジェクト
  • 1 Gbps ファイアウォール スループット (App-ID を有効化)*
  • 600 Mbps 脅威防御スループット*
  • 250 Mbps IPSec VPN スループット*
  • 8,000 新規セッション/秒*

VM-200

vm-series
  • 最大 100,000 セッション
  • 500 IPSec VPN トンネル/トンネル インターフェイス
  • 200 SSL VPN ユーザー
  • 20 セキュリティ ゾーン
  • 最大 2,000 ポリシー
  • 4,000 アドレス オブジェクト
  • 1 Gbps ファイアウォール スループット (App-ID を有効化)*
  • 600 Mbps 脅威防御スループット*
  • 250 Mbps IPSec VPN スループット*
  • 8,000 新規セッション/秒*

* パフォーマンスと容量は、PAN-OS 6.0 と 4 CPU コアを使用した理想的なテスト条件下で測定されています。