GDPRへの準拠を
容易に

Security Operating PlatformによってGDPRへの準拠を容易に管理

GDPR準拠に向けた準備

2018年5月25日の発効をもって、EU一般データ保護規則(GDPR)への準拠が強制されます。

当社の支援

当社は、準拠が共同の責務であることを知っています。 当社の製品は、GDPRへの準備(と準拠)に向けた取り組みで貴社が目標を達成するのに役立ちます。

GDPRに関する当社のホワイトペーパー 製品プライバシー データシート 詳細情報(英語)

Security Operating Platform

パロアルトネットワークスのSecurity Operating Platformは、自動化を通じてサイバー攻撃を阻止します。
プラットフォーム全体およびエコシステム パートナーの緊密な統合により、クラウド、ネットワーク、モバイル デバイスを通じて一貫したセキュリティが提供されます。

詳細情報

エンドポイントの保護によるデータの保護

GDPRへの準拠に不可欠なエンドポイントへの攻撃の阻止

エンドポイントは、組織のセキュリティにおいて重要な役割を果たします。Traps™ advanced endpoint protection を使用すれば、コンプライアンス チームは、GDPRへの準拠の一環としてデータを保護できます。Trapsは、侵害によるアクションや動作をブロックすることで、エンドポイントが感染する前に攻撃を阻止します。 既知または未知のマルウェアおよびエクスプロイトを利用するランサムウェア攻撃によってエンドポイントが侵害され、機密データが暗号化される前に、これらの侵害や攻撃をブロックします。 エンドポイントを保護することでデータを保護するTrapsによって、お客様は準拠状態を維持できます。

 

Traps management service

クラウドベースのエンドポイント セキュリティ サービスであり、エンドポイント プロテクションの導入と日々の管理を簡素化します。 簡単に素早く導入でき、サーバーのライセンス、データベースやその他のインフラストラクチャなしで開始できます。

詳細情報