ネットワーク境界
の保護

プリベンション重視のファイアウォールで安全なインターネットアクセスを実現

ユーザー、アプリケーション、コンテンツを安全に有効化

ネットワーク境界は、攻撃者がネットワークに侵入するときの最も一般的な入口の1つであるため、脆弱性の悪用、denial-of-service (DOS:サービス拒否)攻撃、スパイウェア、ポート スキャン、高度な回避技術を備えたゼロデイ マルウェア、識別情報の盗難、データ漏洩などの多様な脅威にさらされています。

ネットワークをサイバー攻撃から保護してセキュリティ体制を全体的に強化するには、すべてのポートのあらゆるユーザーが常にアプリケーションを安全に使用できるようにすると同時に、既知の脅威と新たな脅威の両方をトラフィックでスキャンすることが重要です。さらに、危険な活動や潜在的な脅威を識別できることも重要になります。

Palo Alto Networks®の次世代ファイアウォールは、防御重視のアーキテクチャとマルチギガのスループットにより、ネットワーク境界をオンデマンドで保護します。 PA-3200 SeriesとPA-3000 Seriesのアプライアンスは、ネットワーキング、セキュリティ、シグネチャ照合、管理の各機能専用のハードウェア リソースを搭載することにより、予測可能なパフォーマンスを実現しています。 このアプライアンスは優れた復号化スループットとSSLセッション機能を備えているため、ビジネスのペースを落とさずに暗号化トラフィックを保護することができます。 これにより、導入を簡素化して、プライバシーが侵害されることなく、隠れている脅威を見つけて阻止できるようになりました。
 
 

次世代ファイアウォール デモ

PA-3200 Series

インターネット エッジに適した予測可能なパフォーマンスと幅広い脅威への対応

詳細情報

PA-3000 Series

インターネット エッジに対する攻撃を防御するためのマルチギガビットのスループット

詳細情報

Panorama

Panorama™ネットワーク セキュリティ管理を使用すると、実装が容易になり、ポリシーの作成と管理を一元化できるようになります。 効率的なルール ベースによって次世代ファイアウォールの設定と管理を集中化することで、ネットワーク全体の脅威に関する洞察を得ることができます。

詳細情報

セキュリティ ライフサイクル レビュー(SLR)のリクエスト

SLRでは、ネットワーク トラフィックの調査に基づいて、それぞれの組織独自の包括的なレポートが生成されるため、セキュリティ体制における脆弱性の原因になっているアプリケーションと脅威を知ることができます。 今すぐリクエスト