サービス プロバイダ
向けのセキュリティ

顧客から信頼される安全な接続とサービス

リスクを管理し、機会を最大化

サービス プロバイダのネットワークでは大きな変革が起こっています。 モバイル ネットワークと固定ネットワークの収束、5Gへの移行、およびIoTサービスの台頭はすべて、サービス プロバイダにとってかつてない機会を生み出しています。ただしこれには、サービス プロバイダのネットワークで、安全かつ信頼性の高いサービスを提供する必要があります。

ところが、サービス プロバイダはもはや、従来のセキュリティ メカニズムに依存することはできません。 従来のツールは、すべてのネットワーク、エンドポイント、およびクラウドにわたり、データおよびトラフィックの可視性を提供することはなく、自動化や分析もほとんど利用できません。 新しいアプローチが必要です。

Palo Alto Networks®は、サービス プロバイダがネットワークと運用を根本的に変革するために必要な要素を提供します。これによってサービス プロバイダは、ネットワークと顧客を保護し、新しいリスクを管理して、新しい機会を最大限に活用できます。

 

サービス プロバイダのセキュリティに対する、よりスマートなアプローチ

 

Palo Alto Networks Security Operating Platform

 

Security Operating Platformの利点

モバイル ネットワーク業者の場合

このプラットフォームには、モバイル ネットワークに特化して設計された、包括的な一連のソフトウェア機能が含まれています。 これにより、MNOは、高度なサイバー攻撃を監視し、接続されたデバイスをターゲットにできないようにして、自社のネットワーク全体のセキュリティを強化できます。

詳細を見る

マネージド セキュリティ
サービス プロバイダの場合

MSSPは、このプラットフォームの拡張性を利用して顧客を保護し、運用効率を高めることができます。 MSSPは、業界トップのイノベーションで顧客のセキュリティの効果を継続的かつ効率的に向上できます。

詳細を見る

ケーブルテレビ統括運営業者 (MSO) の場合

MSOは、このプラットフォームを利用して包括的なセキュリティ フレームワークを実現し、自社のすべてのネットワークにわたり保護を一貫して提供する一方、法人および個人の顧客向けのセキュリティ サービスを新しい収入源とすることが可能です。

詳細を見る

継続的なセキュリティ イノベーションを可能にする
オープン プラットフォーム

安全なIoTサービスを提供し、攻撃からネットワークを保護

このプラットフォームによって、感染したデバイスを簡単に特定して、デバイスをターゲットとする脅威を未然にブロックできるようになります。 Security Operating Platformの高度な機能では、サービス プロバイダのネットワーク、IoTシステム、および相互接続されたネットワークとインフラストラクチャを保護します。

 

顧客やパートナーの声

 

関連製品

Security Operating Platform

分析を利用して日常的なタスクと保護の適用を自動化することで、サイバー攻撃を防御します。セキュリティを簡素化して、ユーザー、アプリケーション、およびデータを保護します。

詳細を見る

次世代ファイアウォール

パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールは、防御に焦点を置いたアーキテクチャおよび簡単に導入して使用できる統合イノベーションによってビジネスを保護します。

詳細を見る

VM-Series

パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールの仮想化フォーム ファクタであり、幅広いプライベート クラウドおよびパブリック クラウドのコンピューティング環境に導入できます。

詳細を見る

 

セキュリティ ソート リーダーシップ

セキュリティ ソート リーダーシップ

詳細を見る (英語)