ゼロ トラスト エンタープライズ。これぞ未来。

何も信頼せず、すべてを検証する。場所を選ばないビジネスを実現。

次世代のプラットフォームで
ゼロデイ脅威をリアルタイム阻止。

業界をリードするPAN-OS®ソフトウェアの最新アップグレード「Nubula」のローンチ イベント。他のソリューションには真似できない、 極めて巧妙な攻撃を即座に阻止する機能をお確かめください。

ゼロ トラスト ネットワーク アクセス(ZTNA)とは

有意義なゼロ トラスト

パロアルトネットワークスはサイバーセキュリティ エコシステム全体で多数のユーザーと導入実績を有する、業界で最も経験豊富な企業です。弊社は、セキュリティが決して汎用的ではないことを認識しています。ゼロ トラスト エンタープライズへのアプローチを差別化する要素をご紹介しましょう。

包括的

ゼロ トラストでは、決して1つの限られたテクノロジに重点を置くべきではありません。 ネットワーク、エンドポイント、クラウド、アプリケーション、IoT、IDなど、多くの企業が保護に利用する制御エコシステム全体を考慮する必要があります。

実用的

ゼロ トラスト導入は簡単ではありませんが、着手は難しくありません。まずは、すぐに利用可能な既存の制御の組み合わせを調査し、ゼロ トラストの土台を固めてから、弊社の製品を利用してさらなる取り組みを進めましょう。

わかりやすさ

ゼロ トラストはサービスではなく、「何も信頼しない」というシンプルな概念です。専用のポイント ソリューションについて難しい用語で説明する場合と比べ、専門知識を持たない経営陣でも容易に理解できます。常に、何も信頼せず、すべてを検証する。これがゼロ トラストです。

拡張性

仮にセキュリティ向上とコスト削減の役に立たないフレームワークであれば、おすすめしていません。パロアルトネットワークスは多数の製品を提供しており、もちろん万能ではありませんが、ゼロ トラストに向けた取り組みのあらゆる場面でお役に立てるよう努力しています。

総力を結集。

パロアルトネットワークスによるゼロ トラスト エンタープライズ フレームワーク
Identity thumbnail
zero trust
Step one of any Zero Trust effort requires knowing exactly who your users are. You can't trust anything about users, they must prove who they are including thier laptop, what they are trying to do with an application and more.
Removes implicit trust in various components of appplications when they talk with each other. A fundamental tenet of Zero Trust is that applications cannot be trusted-continous monitoring at runtime is necessary to validate their behaviour.
The same Zero Trust principles apply to infrastructure-implicit trust must be eliminated across everything infrastructure related: routers,switches,cloud,IoT, supply chain, etc.
Device/Workload thumbnail
Device/Workload thumbnail
Device/Workload thumbnail
Device/Workload thumbnail
Device/Workload thumbnail
Device/Workload thumbnail

ゼロ トラストな企業への道

ゼロ トラストの第一歩は、重大リスクの削減と企業レジリエンスの達成に必要な要素と導入済みの要素を把握することです。ZTNA、ランサムウェア、マイクロセグメンテーション、ID、DevSecOps、リスク管理、レッド チーム演習、サードパーティ管理など、どこから手を付けてもかまいません。

  • ゼロトラストとは

    ゼロ トラストとは、暗黙的な信頼を排除し、デジタルなやり取りの全段階を絶えず検証することで組織を保護する、戦略的なサイバーセキュリティ アプローチを指します。

  • ゼロ トラストを導入すべき企業

    ゼロ トラストは安全なネットワークを必要とするあらゆる企業のために存在します。 たとえば、ネットワーク変革に取り組んでいる企業、データセンターをクラウドに移行中の企業、SecOps変革に取り組んでいる企業に最適です。

  • いつ導入すべきか

    お客様がサイバーセキュリティを重要視しているものの、ゼロ トラスト ポリシーをまだ導入していない場合、今が導入の好機といえます。 ゼロ トラストの構築は、セキュリティ ネットワークを土台から適切に立て直すチャンスです。

昨今のゼロ トラスト

ハイブリッド勤務、データセンターのクラウド移行、SOCの自動化に対応するため、企業は変革を進めています。この流れを受けてゼロ トラストの売り込みを開始したセキュリティ ベンダーは多数存在しますが、結局、旧来のポイント ソリューションを勧めることが珍しくありません。現代の取締役会とCXOが求め、期待しているのはリスク管理を再構築する体系的なサイバーセキュリティ アプローチです。

ゼロ トラスト エンタープライズはリスク管理を簡素化して「すべての暗黙の信頼の排除」というユース ケースに統一するサイバーセキュリティ アプローチです。状況、ユーザー、ユーザーの所在地、アクセス手法に関係なく、最も厳しいサイバーセキュリティ チェックを用いた単一のユース ケースにセキュリティを一本化します。

  • 72%

    今後ゼロ トラストの導入を計画しているか、導入済みの回答者の割合。


    出典: STATISTA – ZERO TRUST IT MODEL ADOPTION

  • 15.2%

    世界のゼロ トラスト セキュリティ市場における、2021年から2028年にかけての年平均成長率予測。


    出典: GRAND VIEW RESEARCH – ZERO TRUST SECURITY MARKET REPORT

ゼロ トラストの利点

セキュリティ成果の向上

ゼロ トラストの本質は、暗黙の信頼をすべて排除することにあります。ユーザー、データ、アクセス経路に関係なく単一のユース ケースとして考えることが可能であり、こうした要素を漏れなく保護することでセキュリティ成果を向上できるのです。

シンプルなインフラ

セキュリティ インフラの再構築は骨の折れる仕事であり、複数のベンダーからポイント ソリューションを導入するのは避けたいことでしょう。ユーザーが望むのは真のゼロ トラスト、さらにはゼロ トラスト エンタープライズなのです。

低管理コスト

ゼロ トラスト エンタープライズに取り組むことで、従来よりも安全で効率的で的確な意思決定が可能になります。高度なセキュリティ アプローチが、収益にプラスの影響を与えるのです。

運用が容易

ゼロ トラストを導入すると、あらゆるセキュリティに適用可能な指針となる単一の原則が得られ、従来のすべてのユース ケースが統一されます。その結果、スマートでシンプルなビジネスを達成できるのです。


世界の有名企業から信頼を獲得

入門: 完全ゼロ トラスト ネットワーク セキュリティ

ゼロ トラストのベスト プラクティスを学ぶ