オープンAPIプラットフォームにパロアルトネットワークスの仮想化次世代ファイアウォールを採用

日本ユニシスは、2018年4月にサービスの提供を開始したオープンAPIプラットフォーム「Resonatex™」のセキュリティ対策にパロアルトネットワークスの仮想化次世代ファイアウォール「VM-Series on Azure」を採用した。金融機関をはじめ、さまざまな企業のWeb APIを公開するResonatex™は、稼働基盤にMicosoft Azureを利用している。そのAzure上で金融機関のセキュリティ要件を満たす製品を探していた日本ユニシスが出合ったのが、VM-Series on Azureだった。すでにResonatex™のセキュリティを担保する仕組みとして組み込まれている。

分 野

情報通信業

導入背景

  • Microsoft Azure上に構築されたオープンAPIプラットフォーム「Resonatex™」のサービス提供を開始。
  • 確実に防護できるセキュリティソリューションを実装することが求められていた。
  • Azure上で稼働実績のあるセキュリティソリューションが少なく、ほとんどが単機能製品だった。

ソリューション

  • パロアルトネットワークスが協力し、Azure上で詳細な動作検証を実施。
  • 強固なセキュリティ対策を実現する
  • 高度な多層防御機能を備えた「VM-Series on Azure」を採用