セキュリティとネットワーキングが1つのプラットフォームに
多くの組織が、ブランチ オフィスでのネットワーキングとセキュリティに対応する独立したポイント製品の導入に躍起になっています。その結果、ブランチのプロビジョニングと管理において、複雑さが増し、ユーザー エクスペリエンスが低下し、手動による操作が生じています。パロアルトネットワークスが、単一のシンプルなプラットフォームからブランチの拠点に合わせたネットワーキングとセキュリティをもたらします。クラウド提供型ソリューションを求めるお客様のために、セキュア アクセス サービス エッジ(SASE)によってネットワーキングおよびセキュリティに対応する統合プラットフォームを提供します。あるいは、機械学習を搭載した次世代ファイアウォールによって、オンプレミス型の導入に対応するシングルアプライアンス ソリューションを提供します。
MPLSからSD-WANへの移行は、243%のROIを達成したCloudGenix SD-WANにお任せください
SD-WANの実際の成果について詳しくは、TEI Spotlightレポートをお読みください
レポートを読む
ブランチ ソリューションの利点
パロアルトネットワークスが独自のシンプルなアプローチでブランチの接続性とセキュリティをもたらします。
業界をリードするセキュリティ 2019年のGartner Magic Quadrant for Network Firewallsにおいて、ネットワーク ファイアウォール部門のリーダーとしての評価を8年連続で獲得
クラス最高のSD-WAN Gartner Peer Insights Customers' Choice 2020のWANエッジ部門の全SD-WANベンダー評価で、ほとんどのお客様から5つ星の評価を獲得
Networking and security on a single platform Industry’s most comprehensive SASE solution
柔軟な導入オプション
パロアルトネットワークスが、お客様のニーズに合わせてさまざまな導入オプションを提供します。
クラウド提供型 パロアルトネットワークスのCloudGenix SD-WANとPrisma Accessの融合により、組織はクラウド提供型ブランチを実現できます。
物理 パロアルトネットワークスの機械学習を搭載した次世代ファイアウォールへのSD-WANサブスクリプションを利用。単一の直観的なインターフェイスでSD-WANとセキュリティを実現します。
仮想 パロアルトネットワークスのVM-Seriesによって、コモディティのx86ハードウェアを利用して俊敏なソフトウェア定義のブランチを導入します。
関連の製品とサービス
CloudGenix SD-WAN アプリケーション定義の自律型SD-WANで、クラウドからの提供を実現します。
Prisma Access セキュア アクセス サービス エッジ(SASE)で、ネットワーク サービスとネットワーク セキュリティ サービスをクラウドから提供します。
機械学習を搭載した次世代ファイアウォールへのSD-WANサブスクリプション パロアルトネットワークスのアプライアンスを使用してセキュアなSD-WANを提供し、単一の直観的なインターフェイスで管理します。
VM-Series 機械学習を搭載した次世代ファイアウォールの仮想化バージョンであるVM-Seriesが、セグメント化とプロアクティブな脅威防御を用いてプライベート クラウドとパブリック クラウドの導入を保護します。
Panorama 管理の複雑さを軽減するとともに、さらに優れたネットワークの可視性を得ることができます。また、セキュリティのコンテキストが強化されたため、迅速かつ効果的に脅威に対処できます。