GCPでのセキュリティとコンプライアンスを簡素化
組織によるクラウドの利用が拡大するにつれ、セキュリティとコンプライアンスを正しく実装し、継続的に管理するよう徹底する必要があります。これは、GCP環境がいかに動的に分散化されるかに関わらず、行われるべきです。Prisma Cloudは、GCPのすべてのリソースに継続的な可視性、コンプライアンスの徹底、レポート、脅威防御をもたらします。つまり、導入がスムーズになり、ネイティブのGCPサービスと統合されるAPIを通じて提供されます。
GCE、GKE、Google Cloud Functionsのサポート
Prisma Cloudは、GCP上で実行されているクラウド ネイティブのワークロードまたはアプリケーションすべてにフルライフサイクル、フルスタックのセキュリティを提供します。これにより、Google Cloud BuildとGoogle Container Registryにセキュリティが組み込まれるとともに、実行中のワークロードとアプリケーションがGCP全体で保護されます。実行しているものがAnthos、GKE、Google Cloud Runのいずれであっても、Prisma Cloudによってクラウド ネイティブのアプリケーションが保護されます。
DevOpsのスピードでセキュリティを自動化
VM-Seriesの仮想ファイアウォールは、インライン ネットワーク セキュリティと脅威防御を提供することにより、パブリック クラウドとプライベート クラウド、仮想データ センター、支社の環境全体で一貫して保護を行います。パブリック クラウド プラットフォームとソフトウェア定義のネットワーク ソリューションが基本的なセキュリティ機能を提供します。それと同時にVM-Seriesが、VMフォーム ファクタのPalo Alto Networks Next-Generation Firewallが提供する業界最高レベルの脅威防御機能によって、セキュリティ体制を強化します。
G-Suiteのための セキュリティ
Prisma Accessはインライン セキュリティを通じて必要な制御を提供することによって、認可/許容/未認可のアプリケーションへのアクセスを管理します。このインライン セキュリティがPrisma SaaSと連携してAPIベースのコンプライアンスと保護をもたらします。これにより、組織はすべてのユーザーにSaaSアプリケーションへの安全なアクセスを提供し、ユーザー、アプリケーション、デバイスの各プロファイルに基づいてセキュリティ ポリシーを適用し、G-Suiteのデータを保護できます。