AWSでのガバナンスとコンプライアンスを簡素化
組織によるAWSでのクラウドの利用が拡大するにつれ、セキュリティとコンプライアンスを正しく実装し、継続的に管理するよう徹底する必要があります。これは、AWS環境がいかに動的になり、分散化、抽象化されるかにかかわらず、行われるべきものです。Prisma Cloudは、AWSのすべてのリソース(EC2インスタンスからECS、Lambda関数、さらにその中間に位置するものすべて)に継続的な可視性、コンプライアンスの徹底、レポート、脅威防御をもたらします。つまり、そのすべてが、ネイティブのAWSサービスと統合されるAPIを通じて提供されます。
EC2、ECS、EKS、Fargate、Lambdaの保護
Prisma Cloudは、AWS上で実行されているクラウド ネイティブのワークロードまたはアプリケーションすべてにフルライフサイクル、フルスタックのセキュリティを提供します。これにより、AWS CodePipelineとAWS ECRにセキュリティが組み込まれるとともに、AWS全体でワークロードとアプリケーションが保護されます。実行しているものがインスタンス、コンテナ、サーバレス関数のいずれであっても、Prisma Cloudによって保護されます。
AWSでのネットワーク セキュリティ
VM-Seriesは、VMフォーム ファクタのPalo Alto Networks Next-Generation Firewallが提供する業界最高レベルの脅威防御機能によって、パブリック クラウドおよびセキュリティ体制全体を大幅に拡張します。また、これらの仮想ファイアウォールはAWS Outpostsをサポートしています。これにより、AWSのインフラストラクチャおよびサービスをオンプレミスで実行して、真に一貫性のあるハイブリッド体験がもたらされます。