ようこそ、RedLock

2018年10月3日、パロアルトネットワークスはRedLock®を買収する意向を発表いたしました。RedLockはパブリック クラウドのセキュリティ分析を専門とする企業であり、この買収によってパロアルトネットワークスはパブリック クラウド セキュリティのリーダーの地位をさらに拡大することになります。

クラウドのリソースとアプリケーションを検出し分類する

パブリック クラウドの脅威と脆弱性を自動的に検出する

リスクの優先度を設定し、脅威を調査して解消する

マルチクラウドのセキュリティ分析

RedLockの買収によって、パロアルトネットワークスの幅広いクラウド セキュリティ製品に、マルチクラウド環境向けの強力なセキュリティ分析機能が加わることになります。 このセキュリティ分析機能は、革新的なAI駆動のアプローチを活用し、個別のセキュリティ データセットを関連付けます。 RedLockは、組織のパブリック クラウド環境全体に対して、包括的な可視性、脅威検出、迅速な対応を提供します。

リスクの優先度を設定し、インシデントを
調査し、脅威を解消する

 

 

 

RedLockは、リソース設定、ユーザーの活動、ネットワーク トラフィック、ホストの脆弱性/活動、脅威インテリジェンスなどの個別のデータセットを関連付け、リスクを理解する際に必要なコンテキストを提供します。 

パブリック クラウドのこうしたコンテキストを理解することによって、インシデントの対応時間を週単位から秒単位へと短縮できます。       

リスクの優先度設定

ビジネスに対するリスク、違反、異常のそれぞれの重大度に基づいてすべてのクラウド リソースのリスク スコアを決定し、最もリスクの高いリソースを最初に修正できるよう優先度を設定します。

脅威の調査

現在または過去の問題の迅速な調査と下流の影響分析を可能にします。 たとえば、先月に疑わしいIPアドレスからトラフィックを受信したすべてのデータベースを検索し、各リソースを詳細に調べて他のリソースとの接続を特定します。

迅速な対応

コンテキスト情報を含むアラートに基づいて、迅速に問題に対応できます。 電子メールやSlack®、Demisto®、Splunk®などのサードパーティ製ツールを使用して、自動修復、ポリシー適用、アラート送信を実行できます。

監査証跡

あらゆるリソースの時系列の活動を参照できる録画レコーダーのような機能を提供します。 リソースの変更履歴を確認したり、過去または現在のインシデントの根本的な原因をより深く理解したりすることができます。

ユニークな組み合わせ: 継続的監視 + コンプライアンスの保証 + セキュリティ分析

 



パロアルトネットワークスは、インライン、ホストベース、APIベースのセキュリティ機能を備えた、マルチクラウド環境向けの幅広いセキュリティ製品をすでに提供しており、それらは2018年3月のEvident.io®の買収によってさらに強化されています。

今後、お客様は1つの製品で、RedLockのクラウド セキュリティ分析と高度な脅威検出機能、およびEvidentのセキュリティとコンプライアンスの継続的な監視機能を利用できるようになります。

この新製品を利用することにより、今まで手動で行われていた調査を、自動化されたレポート、脅威の優先度設定、修復に置き換えることができ、セキュリティ チームは重大な脅威に対してより迅速に対応できるようになります。