日付

業種別

機能別

技術別

サービス別

オーディエンス別

言語別

Displaying 601 to 630 of 713

TRAPS アドバンスト エンドポイント プロテクション テクノロジ概要

サイバー攻撃とは、ネットワークまたはエンドポイントに対してシステムにダメージを与えたり、情報を 盗んだり、または、それ以外の目標を達成するためにユーザーのコンピュータ システムを乗っ取ること を含む攻撃です。サイバー攻撃は、悪意のある実行ファイルをユーザーが意図しないで実行した場合や、 ユーザーが認識していない正規の実行ファイルの脆弱性を悪用した、隠れた有害なコードの実行により行 われます.
  • 0
  • 305

Traps PCI Compliance

クレジット カード情報の盗難は、驚くべき速さで増加しています。これは、クレジット カード会社や事業者に経費の負担をかけるばかりでなく、消費者の信頼も損ないます。この問題に対処すべく、ペイメント カード業界はPCIデータ セキュリティ基準(PCI DSS)を策定しました。
  • 0
  • 151

プロキシの課題を打開する Webセキュリティへのより良い取り組み

プロキシの導入は今や有用性も実用性もなくなっています。
これらは旧来のセキュリティ対策として長く備わってきましたが、今日の高度な脅威に対しては限定的なセキュリティ機能しかもたらしません。
このホワイト ペーパーは、プロキシの欠点を明確にし、次世代セキュリティ プラットフォームが高速、単純かつ包括的なセキュリティを提供する方法を紹介します。
  • 0
  • 157

Cyber Threats 2015

  • 0
  • 82

株式会社インターネットイニシアティブ

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、2006 年から提供している「IIJ マネージドファイアウォールサービス」のラインナップとしてPalo Alto PA シリーズを2013 年に追加、オプションメニューとして、クラウド型防御サービス「WildFireオプション」の提供を2014 年4月から開始した。同社ではマネージドセキュリティサービス事業者として、厳しい目で製品を評価した上でサービスを提供している。今回、WildFire の提供開始により、次世代ファイアウォールによって実現した標的型攻撃への出口対策に加え、サンドボックスによる入り口部分での対策を実現。顧客にとってはより強固なサービス提供が実現した。
  • 0
  • 356

さくらインターネット株式会社

日本のインターネット黎明期よりレンタルサーバーを提供する老舗にして、国内最大手のデータセンター/ インターネットサービス事業者のさくらインターネット。自ら FreeBSD を用いたファイアウォールを構築・運用してきた技術者集団が、セキュリティ強化と運用性の向上で選んだのが次世代ファイアウォールだ。社内ネットワークのトラフィック多様性に対応したアプリケーション可視化の実現により、セキュリティ管理のさらなる向上を目指している。
  • 0
  • 251

株式会社三井ハイテック

従来型ファイアウォールの更新とともに新たに侵入防止システムの導入、未知の脅威に対応するセキュリ ティ装置の導入など、4社のソリューションを評価しセキュリティの強化目的に沿った社内基準や導入・運用コスト等を比較検討した結果、総合評価として選定されたのが、次世代ファイアウォールのPA-3020だった "ポートによる制御ではなく、アプリケーションレベルでの制御と IPS は次世代ファイアウォール採用の大きなポイントでした"
  • 0
  • 208

株式会社エヌ・エヌ・エー

アジア各地の拠点から東京本社とのデータ送受信のため次世代ファイアウォールを導入し、通信の可視化、セキュリティ監視の一元管理と未知のマルウェア検知による標的型攻撃対策を実現した。 "リモートアクセス端末の振る舞いと通信が可視化され、脅威への対応が迅速にできるようになりました"   株式会社エヌ・エヌ・エー
アジア各地の拠点から東京本社とのデータ送受信のため次世代ファイアウォールを導入し、通信の可視化、セキュリティ監視の一元管理と未知のマルウェア検知による標的型攻撃対策を実現した。 "リモートアクセス端末の振る舞いと通信が可視化され、脅威への対応が迅速にできるようになりました  
  • 0
  • 211

国立大学法人 九州大学

国内で初めて全学生PC必携化に移行。BYODに対応したセキュリティ強化を 次世代ファイアウォールのアプリケーション制御で実現。 "ファイル交換ソフトの確実な利用防止など アプリケーション識別・制御機能の確かさと スループットの高さが要件に合致しました
  • 0
  • 238

学校法人 慶應義塾

教育・研究機関として、より自由度が高く、安全なキャンパスネットワークの構築を目指し、パロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール「PA シリーズ」を導入した。 "各キャンパスの ITC 担当者に、脅威情報などをわかりやすく提供できるようになりました"
  • 0
  • 240

学校法人 名古屋国際学園

名古屋国際学園は、導入した次世代ファイアウォール「PA-2020」によって、BYODにも対応するプラットフォーム混在環境でユーザーベースのアプリケーション可視化・制御を実現し、自由闊達なコンピュータ利用を安全に実施できる環境を構築した。 "SNS やクラウドサービス利用でのユーザーのトラフィック監視ができるようになり、安全な学内情報ネットワークを構築できました"
  • 0
  • 215

ICソリューションズ

名古屋市のICソリューションズ株式会社は、医薬品流通の老舗中北薬品のゲートウェイシステムの更新を機に、次世代ファイアウォールPA-5020を導入した。 "これからのファイアウォールは、アプリケーションレベルで制御できるべき——次世代ファイアウォールのこうした考えに共感しました"
  • 0
  • 286

社会医療法人財団 白十字会

社会医療法人財団 白十字会は、閉域ネットワークである病院情報ネットワーク内部への可搬媒体に潜む脅威対策として、次世代ファイア ウォール「PAシリーズ」を導入した。 "患者さんの診療情報を保護することは、医療機関にとって重大な責務。次世代ファイアウォールによってセキュリティレベルの向上が実現されました"
  • 0
  • 208

NRIセキュアテクノロジーズ

NRIグループの情報セキュリティ専門会社であるNRIセキュアテクノロジーズは、導入設計から構築、機器の設定、各種チューニング、導入後の運用までをワンストップでサービス提供する、PAシリーズを採用した「Palo Alto Networks PAシリーズ管理サービス」を提供している。 "PA シリーズのアプリケーション識別能力は他社製品と一線を画しており、オンリーワン製品と言っても過言ではありません"
  • 0
  • 281

駒澤大学

7学部7研究科に1万6,000人の学生を擁する総合大学・駒澤大学は、キャンパスネットワークシステムを更改。ネットワークのシンプル化を推進しつつセキュリティを強化するため、PA-4020とPA-2020を導入した。 "システム構成をスリム化してコスト削減を図るという課題に対し、次世代ファイアウォールによってセキュリティを強化しながら実現できました"
  • 0
  • 173

ファーストサーバ

老舗ホスティングサービス事業者のファーストサーバは、セキュリティレベルが高く使いやすい新たなホスティングサービスの提供を開始した。同サービスのセキュリティ機能実装のために次世代ファイアウォールPA-5050が採用された。 "最大125のVSYSを運用でき、かつVPNや脅威防御機能を稼動してもスループットが低下しないこと。それがPA-5050を採用した理由です"
  • 0
  • 169

東急建設

全国各地で地域社会の活性化に貢献する東急建設。ネットワークのゲートウェイシステムの更新を機に、機器を統合してコスト削減、ネットワーク利用の安全性を向上させた。採用されたのは次世代ファイアウォールPA-2050である。 "潜在するリスクの低減が実現できると期待しています"
"80番ポートを利用するアプリケーションの制御に、次世代ファイアウォールの大きな魅力を感じます"
  • 0
  • 189

創価大学

創価大学は、2011年度のキャンパスネット ワークの更新で、セキュリティインフラのシンプル化によってネットワークパフォー マンスを向上させることを目標に次世代ファイアウォール「PA-4020」を導入した。 "アプリケーションベースでトラフィックを識別し、リスクを可視化できることは、ユーザーの視点からするととてもわかりやすく、非常に魅力的な製品だと感じています。"
  • 0
  • 176
Displaying 601 to 630 of 713