ネットワーキング

パロアルトネットワークスのソリューションは、ダイナミック ルーティングやスイッチング、 VPN接続などの機能を備えた柔軟性の高いネットワーキング アーキテクチャを誇り、ほぼすべてのネットワーキング環境に導入できます。


詳細はセキュリティ プラットフォームをご覧ください。

柔軟なネットワーキング アーキテクチャにより任意のアーキテクチャに統合可能

L2/L3ネットワーキング: ゾーン単位のセキュリティ適用機能を生かしたL2/L3アーキテクチャを採用、スイッチング型やルーティング型の環境に導入できます。

 

  • ダイナミック ルーティング: OSPF、RIP、BGPに加えて、802.1Qの完全なVLAN機能がレイヤー2とレイヤー3の両環境でサポートされます。このため、既存のルーティングアーキテクチャやVLANアーキテクチャにシームレスに統合しながら、すべてのサービスを有効にできます。

  • バーチャル ワイヤ: バーチャル ワイヤは2つのポートを論理的に結合し、スイッチングやルーティングを一切実行することなくすべてのトラフィックを一方のポートに送ることで、真のトランスペアレント モードを実現します。周りのデバイスやネットワーキング プロトコルの設定に影響を与えることなく、すべてのトラフィックに対する完全なインスペクションと制御が可能になります。バーチャル ワイヤのペアを複数設定することで、複数のネットワーク セグメントをサポートできます。

マルチキャスト トラフィックのルーティング参加

マルチキャストのサポート範囲には、マルチキャスト トラフィックの識別・制御にとどまらず、PIM-SM、PIM-SSM、IGMPのサポートによるマルチキャスト ルーティングやグループ管理への参加も含まれます。 .