世界

「通常の営業時間」という言葉は当てはまらなくなりました。常にオンラインの世界では、仮想化テクノロジを使用して、アプリケーションおよびデータをパブリック、プライベート、およびハイブリッドのクラウドコンピューティング環境に配置し、ビジネスの要求に応じて迅速に適用させる必要があります。

あなたの世界

最近の顕著な攻撃では、場所(パブリック、プライベート、ハイブリッドのクラウドなど)に関係なく企業のデータが標的であることが示されています。攻撃者は、巧妙な攻撃を使用して制御をバイパスし、ネットワーク上に広く存在しているアプリケーションを使用して検出を逃れ、ほとんど抵抗を受けずに目標にたどり着きます。

パロアルトネットワークスのアプローチ

弊社の次世代セキュリティ プラットフォームでは、詳細な可視性およびポリシーベースの制御を利用し、既知と未知の両方の脅威が横方向(VMからVM)に移動できないようにすることによってリスクを低減し、セキュリティの全般的な有効性を向上させ、アプリケーションを安全に使用できるようにします。さらに、集中管理およびネイティブな自動化機能によって、セキュリティがビジネスと歩調を合わせるようにします。

VM-Series仮想化次世代ファイアウォール

仮想化は、今日のデータセンターの大変革を促しており、多くの場合、プライベートとパブリックのクラウド コンピューティング環境が混在するアーキテクチャを生み出しています。クラウド コンピューティングのメリットはよく知られていますが、それに伴うセキュリティ課題もよく知られています。最近注目されているセキュリティ インシデントがそのことをよく示しています。

物理データセンター内での攻撃やセキュリティ侵害も重大なインシデントですが、仮想化環境における侵害はいっそう深刻になります。というのも、一部のワークロードではさまざまな信頼レベルが使用され、データのセグメント化を維持するためのセキュリティ保護なしで関連データが集中管理されるからです。仮想化環境のセキュリティが侵害されると、攻撃者は仮想化環境全体へアクセスできるようになってしまいます。


プライベート クラウドの保護

仮想化、ハードウェア、コンピューティング、ネットワーキング、セキュリティなどのあらゆる側面を管理する責任を負っている環境としてプライベート クラウドが定義されている場合、これを既存のデータセンターの延長とみなすことが多いです。

VM-Seriesは、アプリケーション使用許可ポリシーを使用してプライベート クラウド インフラストラクチャを保護し、同時に既知および未知の脅威を阻止します。サポート対象のプライベート クラウド環境は、VMware® ESXi™およびNSX™、Citrix® Netscaler® SDX™、Microsoft Hyper-VおよびKVM/OpenStack®です。

 

パブリック クラウドの保護

既成のコンピューティング、ネットワーキング、およびストレージ環境として定義されている場合、パブリック クラウドは、ユビキタス アクセス、ワークロードの「急激な増大」に対処する迅速なスケーラビリティ、およびインフラストラクチャの一貫性をユーザーにもたらします。パブリック クラウドでは、アプリケーションとデータを攻撃者から安全に保つ責任はユーザーにあり、この場面でVM-Seriesが役に立ちます。

VM-Seriesは、アプリケーション使用許可ポリシーを使用してパブリック クラウド インフラストラクチャを保護し、同時に既知および未知の脅威を阻止します。サポート対象のパブリック クラウド環境は、VMware® vCloud® Air™、Amazon Web Services (AWS)およびMicrosoft Azureです。