Displaying 271 to 300 of 341

ITpro SPECIAL

  • 0
  • 112

リサーチセンターブログ Facebookを通じて配布される新しいボットネット「Filmkan」、トルコの攻撃者が配布元の可能性

1月31日、セキュリティ・リサーチャーであるモハンマド・ファガーニ(Mohammad Faghani)は、Facebookの投稿を通じて配布されているマルウェアの分析を公開しました。そのマルウェアによって生まれた「いいね!」の数から、ファガーニは10万人を超えるユーザーがマルウェアに感染したと推測しました。当社は、このマルウェアの公式名の特定には至っていませんが、コマンドやコントロールに使用されているドメインにちなんで「Filmkan」と名付けました。

  • 0
  • 163

リサーチセンターブログ パロアルトネットワークス: 政府系データセンターのセキュリティ課題を解決

世界中の各国政府ではデータセンターインフラストラクチャの変更に力をいれて取り組んでいます。米国のFDCCI (Federal Data Center Consolidation Initiative; 連邦政府データセンター統合イニシアチブ) のように、大規模なデータセンター統合プロジェクトが進行中の国もあれば、仮想化による利便性の活用や、共有サービスモデルに移行している国もあります。

  • 0
  • 133

リサーチセンターブログ パロアルトネットワークスの研究者がInternet Explorerに存在する重大な脆弱性を3件発見

米国時間2015年2月10日、パロアルトネットワークスの研究者ボー・クーがMicrosoft Internet Explorer 9、10、11に影響をおよぼす脆弱性3件を発見しました。

  • 0
  • 96

リサーチセンターブログ 最新のCTB-Locker攻撃からどのように防御するか

CTB-Lockerは、被害者の端末上のファイルを暗号化し、元の状態にファイルを復号化するために身代金を要求するという、クライムウェアグループが使用する有名なランサムウェア型トロイの木馬です。米国時間1月28日、パロアルトネットワークスは新しいCTB-Locker攻撃の発見および従来型セキュリティ製品では企業ネットワークを保護できない事についてブログに詳述しました。

  • 0
  • 119

リサーチセンターブログ 最新のCTB-Locker攻撃は従来型セキュリティ製品をすり抜ける

CTB-Lockerは、被害者の端末上のファイルを暗号化し、元の状態にファイルを復号化するために身代金を要求するという、クライムウェアグループが使用する有名なランサムウェア型トロイの木馬ですが、ほとんどのアンチウイルスでは「CryptoLocker」として誤検知しています(一つのベンダのみがCTB-Lockerとして正しく検知)。攻撃経路は非常に単純で、次のような動きが繰り返されます。

  • 0
  • 103

タイムリーなサイバー保護

  • 0
  • 85
Displaying 271 to 300 of 341